« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の10件の記事

2013年1月28日 (月)

んだ んだ 心魅かれでぐ

20130128

ゲーセンで取ってきたよー!


時計機能付きフォトフレーム。

中にはヱヴァ:破のイラストが入ってるけど、入れる写真は変えられるっぽい。


これは1,000円で取る事が出来たんだけどさ・・・

エヴァのグッズは何が何でも欲しいって訳じゃないんだけどさ・・・


もし、ソーナンスさんがクレーンゲームの景品になっていたとしたら・・・

マンタイン・・・いや、万単位でお金を使ってしまうかもれない自分がいる。


ガラスの檻に閉じ込められたナンスさんを

クレーンで外の世界へ連れ出してあげるよ!


・・・なんかカッコつけた事言ってたらら、足をつったよ!やったね!

2013年1月21日 (月)

狙いうち

雪はイヤだ!

雪はイヤだ!

スリザリンはイヤだ!

雪はイヤだ!


いや~、毎日毎日たくさん雪が降りますね~


去年も雪が多くて大変だったのですが、今年も負けず劣らず多い!


先週は雪で電車が止まってしまい、生まれて初めてタクシーに乗りました。


まあ、電車が遅れるのではなく、完全に止まってしまうのは滅多にない事ですが、

雪かきは、雪が降る限り毎日しなくてはなりません。


雪はイヤだ。

雪はイヤだ。

雪はイヤだ。


・・・でも、


氷柱は大好きだー!


ツララー♪ ツララー♪ ツラツラでー♪

ツララー♪ ツララー♪ ツラツラよー♪

ツララー♪ ツララー♪ ツラツラのー♪

この世は私のためにあるー♪


ふぉー!!!!!


一週間程前、成人式に出た男が氷柱ではしゃいでますぜ。

大丈夫か。

2013年1月13日 (日)

続・屋根の雪おろしフェスティバル2013

さあ今年もやって来ましたよ!

屋根の雪おろしフェスティバル略して雪フェス!2日目!


今日も張り切っていきましょう!


レッサー「スイマセンwww午後から成人式行ってきますわwwww」


_人人人人_
> 戦線離脱 <
 ̄^Y^Y^Y^Y ̄


いや、午前中はちゃんと手伝いましたよ。はい。


あと、私は屋根から落ちませんでしたが、

屋根から落ちてきた雪が私の頭に直撃しました。


レッサー「にょへっ!?」

知り合い「大丈夫!?」

レッサー「冷た!コートの中に雪入った!」

知り合い「大丈夫そうだね」


意外と大丈夫でした☆

(よい子はマネしちゃダメだよ☆)


さて、話は変わりますが、今日は地元の成人式に行ってきました。

一人で出かけるのは寂しいので、

事前にメールで、友達と一緒に会場へ行こうという約束をしました。


レッサー「いったん集まった後、皆で成人式の会場行きませんか?」

ダンボ「そうしましょ」

カオナシ「いいよ」


レッサー「それじゃあ駅に集合という事で!」

カオナシ「エー!俺の家からだと二度手間になる」


何という事でしょう。

カオナシ君の家の位置を忘れていました。


ちゃんと皆が集合できる場所で待ち合わせをしなくては!


レッサー「ごめん。じゃあ待ち合わせするならどこがいい?」

カオナシ「俺まっすぐ会場行くわ」


何という事でしょう。

カオナシ君が家から直接会場へ向かう事になりました。


そもそもカオナシ君は、「いいよ」と言った時どこで待ち合わせするつもりだったのでしょうか?


レッサー「カオナシは自分の家からまっすぐ会場行くってさ」

ダンボ「1時から受付始まるし一緒に行かない?」


何という事でしょう。

私から誘ったはずなのに、ダンボ君から誘われ返されました。


メールで皆の意見をまとめて予定を立てるって大変ですね。


結局、ダンボ君と二人で成人式に行ってきました。


中学の時あんなヤツ居たなあ。

アイツは成人式来るのかなあ。


そんな話をしながら会場へ向かうと、


なんだか人間がいっぱい居ました。


全然変わってない人や、変わった人、

中にはこんなヤツ居たっけというような人も居ました。


ヒトラー「久しぶり」

レッサー「久しぶり」

ヒトラー「この前は友達が迷惑かけてゴメンな」

レッサー「いやいや大丈夫だよ」


ヒトラー君(名前は今テキトーに付けた)は会っていきなり謝ってきました。


~回想~


知らないメールアドレス「ヒトラー!テストの範囲分かる?」

レッサー「あの・・・私ヒトラーじゃないです・・・」

知らないメールアドレス「すいません間違えました!」


~回想終わり~


別に怒っていませんが、

なんで知らないメールアドレスの人は、私をヒトラー君と勘違いしたのでしょうか?

それだけが気になります。


なんやかんやありましたが、成人式が始まりました。

ですが、別にお偉いさんの話を聞いているだけだったので、割愛します。


その後は、新成人主催の懇親会がありました。

そこでは旧友達と語らいながら、

飲んだり食べたり飲んだり飲んだり飲んだりしました。

(なんか人数に対して料理の量が少なかった)

リンゴジュースとウーロン茶を合わせて10杯以上飲みました。


あと、ビンゴ大会があり、そこで青のクッションをゲットしました。


Kusshon


ソーナンスカラーです!


そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。


レッサー「もう思い残す事はないわ」

ダンボ「死ぬな」


とうとう懇親会も終わってしまいました。


今日は沢山の旧友達と会ってきましたが、

中学校を卒業してからの5年という月日は、意外と長いんだなと感じました。


皆それぞれ仕事や学業を頑張っているので、

私も負けないようにしたいです。


それではまた。

2013年1月12日 (土)

屋根の雪おろしフェスティバル2013

さあ今年もやって来ましたよ!

屋根の雪おろしフェスティバル略して屋根フェス!

もうそんな季節になったんですねえ。


本当の本当は本当にメンドクサイのです!やりたくないのです!

でも、屋根の上に積もった雪が1メートル近くなっていたので、

このままじゃ地元のスーパーみたいになっちゃうんですよ。


※地元のスーパー・・・昔、地元にあったスーパーが雪で潰れた。

なお、潰れたというのは『経営破綻した』という意味ではなく、

『雪の重みで物理的に潰れた』という意味である。


親戚や知り合いをいやいや巻き込んで、屋根の雪おろしフェスティバルスタートです!


朝:\(^o^)/


昼:_(^o^)_


夕:/(^o^)\


夜:卍(∵)卍


大体こんな感じでした。


ぶっちゃけブログに書くような事はないんですよ。

ずっと雪、雪、雪で。


別に

『屋根の雪おろしをしていた男性が落下し、意識不明の重体です』

みたいな事もなかったですし。


ですが、安心してください!

屋根の雪おろしフェスティバルは明日も続きます!


面白い話が読みたいという人は

ぜひ『レッサー屋根から落ちろ!』と念じてください!


それではまた(∵)

2013年1月10日 (木)

終わりなき旅

寒い。


寒い。


とにかく、寒い。


そう思ってしまうのも無理はない。

待てども待てども、バスが来ないのである。


私待つわ。いつまでも待つわ。


そんな歌がずっと頭の中でリフレインしている。


結局、30分以上遅れてバスはやって来た。


普段なら完全に遅刻である。

しかし、今日は大丈夫。何故なら授業ではなく卒業研究だから。

出席を取るわけではない。


私は冷え切った身体でバスに乗り込んだ。






レッサー「ふう~。ヤレヤレだぜ」


やっとの事で学校に着いた私は、まっすぐパソコン室へ向かった。

風が当たらない分だけ暖かく感じる。

壁、屋根、ありがたや。ありがたや。


パソコン室でいつもの定位置に着くと、パソコンの電源を入れる。

ここからパソコンが起動するまでの間、つかの間のティータイムとしよう。


私はカバンから綾鷹を取り出す。

キャップを開けるとさわやかな香りが広がる。

そしてそのまま口に流しあっここ飲食厳禁だったわメンゴメンゴ。


そうこうしている間にパソコンが起動してしまった。

綾鷹をカバンにしまい、卒業研究を始める事にする。

なにせ時間はもうあまり残されていないのだ。

私はパソコンに向かい作業に集中する。











先生「もう少ししたらワックス掛け始まるけど、そうしたら廊下に出れなくなるので今のうちにトイレとか済ませておいてね」


えっ・・・?


それは『今のうちにトイレ』って話じゃなくて、もう帰った方がいいのでは・・・?

あれ?もしかして遠まわしにそう言われているのだろうか・・・?


よく分からなくなったので、とりあえずトイレへ行った。


さて、どうしようか?

先生のあの言い方だと、ワックスはすぐ乾くという事だろうか?

いや、そんな確証はない。


パソコン室で悩んでいる間に、ぞくぞくと人が入ってきた。

よく知らないが、ワックス掛け業者の人達なのだろう。


彼らは廊下や他の教室から、机や椅子などを運んできた。

床がカーペットでワックス掛けの必要無いこの部屋を、物置にしようとしているのだろう。


このままでは、廊下にワックスを掛けるまでもなく、

机と椅子の山に阻まれて出られなくなってしまう。


・・・よし、帰ろう。


そう決めた私はコートとカバンを手に取り、スタコラサッサノヨイヨイヨイと逃げ出した。






寒い。


寒い。


とにかく、寒い。


そう思ってしまうのも無理はない。

待てども待てども、バスが来ないのである。


私待つわ。いつまでも待つわ。


そんな歌がずっと頭の中でリフレインしている。


結局帰りも、30分以上遅れてバスはやって来た。

確実に学校に滞在していた時間より、外でバスを待っていた時間の方が長い。


もう・・・卒業研究なんてヤレヤレだぜ。

2013年1月 7日 (月)

冬は中でも寒い

「機械の調子が悪いので、暖房入りません」


先生の言ったその一言に、私は驚愕した。


仕事始め・・・いや、学業始めの日からついてない。

せっかく重い腰を上げ、はるばる学校までやって来たというのに・・・


いくら文句を言っても、教室が暖かくなる事はない。

無常にも、そのままの状態で講習がはじまった。


・・・寒い。


寒くて冷たくて凍えてしまう。


キーボードがカクカクと震える。

いや、震えているのはキーボードを打つ私の手だ。


頭がボーっとしている。


なんだか・・・暖かくなってきたような・・・気がする・・・


これは・・・遭難した人が・・・寒いのに服を脱いでしまうというヤツだろうか・・・


私はもう、ダメかもしれない。


寝ちゃダメだ。


寝ちゃ、ダメ、だ。


寝ちゃ・・・ダ・・・メ・・・


・・・











「それでは今日の講習はコレまでとします」


先生の言ったその一言に、私は驚愕した。


どうやら暖かくなっているように感じたのは、私の幻覚ではなく、

機械が直って暖房が入ったからであるようだ。


よかった。

寝てしまっても大丈夫だったのだ。

私は生きている。


・・・いや、講習中に寝てはいけないのだが。

2013年1月 6日 (日)

ハッピハッピガー

レッサー「遊ぼうぜ!」

カオナシ「5日ならいい」

レッサー「じゃあ5日な!」


チョコチップメロンパン先輩「風邪引いてカオナシ来れないって」

レッサー「えっ?」


という訳でもう日付は変わってしまいましたが、今日は地元の友達と遊びに行ってきました。


~登場人物~

・レッサー・・・私。ねむい。

・チョコチップメロンパン先輩・・・ツッコミ役。名前が長いのでブログに書く時にメンドクサイ。

・ボス・・・マイペース。なぜかブログに登場する度に名前が変わる。


・カオナシ・・・謎。自分で遊ぶ日時を決めておいて当日ドタキャンする事が稀によくある。


カオナシ君がドタキャンしやがってしまったので、3人で出かけました。

今日の予定はカラオケとボウリングです。まずはカラオケに行きました。


レッサー「じゃあ一曲目は『帰りたくなったよ』でいい?」

チョコチップメロンパン先輩「ダメ!」


レッサー(高い声)「3年目の浮気ぐらい大目にみろよ♪」

レッサー(低い声)「ひらきなおるその態度が気にいらないのよ♪」

チョコチップメロンパン先輩「声逆じゃねwwwww」


チョコチップメロンパン先輩「じゃあそろそろボウリング行くか。忘れ物ない?」

レッサー「大丈夫だよ」

チョコチップメロンパン先輩「本当に大丈夫?人格とか」


(」゜ロ゜)」


シレッと人格否定されましたが反論出来ないので、

おとなしくボウリングに行きました。


あ・・・ここ・・・昨日ボールが戻ってこなかったレーンだ・・・


今日はちゃんと戻ってきましたが、なぜか足が痛くなりました。


レッサー「よっしゃあ!ストライク!」

ボス「いえーいwwwww」両手を出す

レッサー「いえーいwwwww」ハイタッチをする

チョコチップメロンパン先輩「いえーいwwwww」両手を出す

レッサー「・・・」人差し指を出す

チョコチップメロンパン先輩「なんでだよwwwww」


ちゃんとツッコミを入れながらも、

私と人差し指を会わせてETごっこしてくれる彼はいい人だと思います。


そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

今度はカオナシ君ともいっしょに遊びたいです。


それでは。


ボス「なんか3DSしょっちゅうフリーズする」

レッサー「マジで?」

ボス「マリオカートでゴールした瞬間にフリーズしたりする」

レッサー「たしか新品で買ったんだよね?」

ボス「なんか最初から隠しキャラ全部出てた」

レッサー「中古じゃねえか!」

2013年1月 5日 (土)

good friends

もう日付が変わってしまいましたが、今日は高校の時のクラスメイト達と遊びに行ってきました。


ボウリングをした後にご飯を食べに行くという予定だったのですが、

今も同じ学校に通うネギさん以外の人達と会うのは久しぶり!


前日からウキウキワクワクドキドキゴロゴロしていました。


~集合時間30分前~


あまりに待ち遠しかったので、集合時間よりかなり前に来てしまいました。

当然、まだ他には誰も来ていません!


レッサー「早すぎたかな~でもすぐに皆来るでしょ~」


~集合時間20分前~


まだ他に誰も来ていません!


レッサー「まだちょっと早いからな~皆早く来ないかな~」


~集合時間10分前~


まだ他に誰も来ていません!


レッサー「10分前行動するのは当たり前じゃ・・・いや、固い事は言わないから皆早く来ないかな~」


~集合時間3分前~


レッサー「あっ!ネギさん来た!」


~集合時間~


集まったのは私とネギさんだけ!


だけ!


30分前に来た私がバカみたいじゃないか!!


いや、ちゃんと集合時間に来ない奴らの方がバカだけれども!!


とまあ言いたい事は沢山ありましたが、

ネギさんに言った所でどうしようもないので、

おとなしく他のメンバーを待つ事にしました。


ネギ「俺、ボウリング終わったら帰るから」

レッサー「あれ?飯食ってかないの?」

ネギ「お金ないからね!」

レッサー「それに関して私は何も言えないね・・・」


そうこうしている間に他のメンバーが集まってきました。

皆会うのは久しぶりでしたが、全然成長してない相変わらずの奴らでした。


私を含め約束していた7人が全員集まり、思わず感動してしまいました。


~回想~


レッサー「ボウリング行こう!」

ぬれももひき「僕がボウリングなんてできるわけないだろ! ガーターないと全部はずす勢いだよ!」

レッサー「ボウリング行こう!」

ぬれももひき「いろいろあって金欠なんすよ。バイト代も来月にならないと振り込まれないし」

レッサー「お金出すからボウリング行こう!」

ぬれももひき「ボウリングキチガイすぎだろ! あと友だちにお金出してもらってまで遊びには行きたくないよ!」

レッサー「じゃあ私友達やめるから!だからいっしょにボウリング行こう!」


~回想終わり~


まさか、あのぬれももひきさんとボウリングをする時が来るとは・・・


しかし、感動に浸っている暇もなく、ある問題が発生しました。


ボールが・・・戻ってこない・・・


何故か投げたボールがなかなか戻ってこないのです!

よく見ると、ピンの後ろでボールがゴロゴロ転がっています。


ネギ「あのチラチラ見えてるのボールだよね」

レッサー「なかなか戻ってこないね。何か詰まってるのかな?」


何度も店員さんを呼んだのですが、ボール戻ってこない現象が解消されないので、

別のレーンに移動する事になりました。


そのおかげかどうかは知りませんが、私が仲間内で一番高スコアでした!

いえーいwwwwwヒャッフーwwwwwプギャーwwwww


そしてボウリングが終わり、ここで訳あって2人が帰る事になりました。


ネギ「じゃあね」

レッサー「ネギさんにまた会える時を楽しみにしているよ!」

ボンスター「お前同じ学校だろ!」


あと、鶏肉部さんは右手を出して握手を求めてきたので、

左手で握り返しました。


ついに Go! Go! Heaven してしまった彼らを見送った後、

私達はご飯を食べに行きました。


「「「「「かんぱーい!!!!!」」」」」


焼肉屋さんに5人の声が響き渡ります。

他の皆がお酒を飲む中、私はまだ未成年なのでコーラしか飲めないのが残念です。

ですが、仲間が居れば自然とテンションが上がると言うもの。

私たちは肉を焼きながら語り合います。


話題は『MA茶さんがゲームに課金しまくっている』事についてです。


尻「いままでどのくらい課金したの?」

MA茶「○○円くらい」

レッサー「うわぁ・・・(ドン引き)」

ボンスター「よくそんなに課金するねぇ・・・」

レッサー「課金ピンクだ、課金ピンク」


昔からMA茶さんはエロいので『ピンク』と呼ばれていたのですが、

そこから私が勝手に『課金ピンク』というあだ名を付けました。


すると、なぜか皆にで色の着いたあだ名を付ける事になりました。


・課金ピンク

・ウォシュレッド

・ソーナンスブルー

・原発イエロー

・卑猥ホワイト


謎の戦隊が出来上がりました。


ちなみに言うまでもなく私が『ソーナンスブルー』です。


尻「どうした?ソーナンスみたいな顔して」

レッサー「私そんな青い顔してる?」

ボンスター「誰がうまい事言えと」


あと、最近私のブログの内容が薄い事について指摘されました。


ぬれももひき「最近レッサーのブログ内容薄いよね」

レッサー「えっ」


ぬれももひき「ブリーチってさ、なんかあっという間に読み終わるよね」

レッサー「私のブログみたいに?」

ぬれももひき「ごめん・・・さっき言った事は忘れて・・・」


なんやかんやありましたが、仲間と居るとあっという間に時間が過ぎていきます。


とうとうお会計して帰る時間になりました。


店員「ありがとうございました」

レッサー「ありがとうございましたwwwwwヒャヒャヒャwwwwww」

尻「コイツ酒飲んでないんだよね!?」

ボンスター「なんか俺らよりよっぱらってね!?」


いや~、楽しい時間と言うものはあっという間に過ぎ去ってしまうものですね。

今日久しぶりに会った友達ですが、前と変わらずくだらない事で笑い合えるのはいいですね。

また彼らと会える時を楽しみにしています!


それでは、さようなら!











レッサー「いいからとっとと課金しろって。課金」

MA茶「いったい俺を何だと思ってるんだ!」

レッサー「課金」

MA茶「」

レッサー「アヒャヒャヒャwwwww」

ボンスター「課金課金言い過ぎだろ!」

尻「いっその事笑い声も課金にしろって!」

レッサー「カキンwwwwwカキンwwwww」

尻「言っといて悪いけどやっぱ止めてwwwww」


私はホントにシラフです!!!!!

2013年1月 4日 (金)

秩序のない現代にドロップキック

うわあああああ!!!!!

お正月にブログの更新をサボっていたばっかりに…

書きたい事が沢山ある!!!

でも何から書いたらいいのか分からない!!!

うわあああああ!!!!!

(とりあえず何か書けよ!)











・・・と、本来ならばここで本日の記事は終わるはずだった。

しかし、事件は起こったのである。






友達「最近レッサーのブログ内容薄いよね」


(」゜ロ゜)」 えっ?


(※プライバシー保護の為に名前は伏せてあります)






友達が言った何気ない一言。

その言葉は私の胸に深く突き刺さった。






友達「お前ぇのブログクソつまんねーんだよ!!!!!」


友達「某ジャンプの某ブリーチみてぇーにあっという間に読み終わるんだよ!!!!!」


友達「薄ぅいカルピスなんざまずくて飲めたもんじゃねーんだよ!!!!!」


「(。ロ。「) うわあああああ!!!!!


(※プライバシー保護の為に名前は伏せてあります)






大袈裟かもしれないが、私はこう言われているように感じた。

悔しくて悔しくて、目から薄いカルピスが溢れ出して来る。


もし・・・

涙の数だけ、アスファルトに咲く花のように強くなれるのであれば、

薄いカルピスの数だけ、某ジャンプの某ブリーチのように強くなれるのであろうか?


…きっと、強くなれる!

…いや、強くなってみせる!


私は決心した。


だったらたっぷり味わってもらおうじゃないか!

極限まで薄くなった、カルピスの味を!






レッサーの異常な日常 〜イントロダクション〜






(※ここから素に戻ります)






それは年明け早々のことでした。


姉「はい!クリスマスプレゼント!」


Umai1_3


うまい棒スライサー!


いや、今頃になってクリスマスプレゼントを渡すのかよ!?

そして、クリスマスプレゼントにコレを選んじゃうのかよ!?


ツッコミは多々ありましたが

せっかくのプレゼントですし、ありがたく頂戴することにしました。


Umai2


うまい棒(コーンポタージュ味)をスライスしている所なのですが、

何となく卑猥ですよね。


Umai3


無事にスライス出来ました。


Umai4


続いて、うまい棒(チーズ味)をスライスしている所なのですが、

何となく卑猥ですよね。


Umai5


コチラも無事にスライス出来ました。


Umai6


二つをドッキング(何となく卑猥)して

うまい棒コーンポタージュ×チーズ味の完成です!

果たしてそのお味は…?






なんか…そのまんまコーンポタージュとチーズって感じ…






こうして、レッサー家の正月は過ぎ行くのでした…






この出来事をもとに、私が考えた2013年の目標


縁の下の薮から棒!


よろしくお願いいたします!






Umai7


あと、100歩譲ってもコレを実用品とは思えない!

2013年1月 1日 (火)

弐零壱参

さあ、今年も残すところ8,760時間を切りました!

皆さんお疲れ様でした!

(一応喪中につき新年の挨拶は控えさせていただきます)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

無料ブログはココログ