« ハッピハッピガー | トップページ | 終わりなき旅 »

2013年1月 7日 (月)

冬は中でも寒い

「機械の調子が悪いので、暖房入りません」


先生の言ったその一言に、私は驚愕した。


仕事始め・・・いや、学業始めの日からついてない。

せっかく重い腰を上げ、はるばる学校までやって来たというのに・・・


いくら文句を言っても、教室が暖かくなる事はない。

無常にも、そのままの状態で講習がはじまった。


・・・寒い。


寒くて冷たくて凍えてしまう。


キーボードがカクカクと震える。

いや、震えているのはキーボードを打つ私の手だ。


頭がボーっとしている。


なんだか・・・暖かくなってきたような・・・気がする・・・


これは・・・遭難した人が・・・寒いのに服を脱いでしまうというヤツだろうか・・・


私はもう、ダメかもしれない。


寝ちゃダメだ。


寝ちゃ、ダメ、だ。


寝ちゃ・・・ダ・・・メ・・・


・・・











「それでは今日の講習はコレまでとします」


先生の言ったその一言に、私は驚愕した。


どうやら暖かくなっているように感じたのは、私の幻覚ではなく、

機械が直って暖房が入ったからであるようだ。


よかった。

寝てしまっても大丈夫だったのだ。

私は生きている。


・・・いや、講習中に寝てはいけないのだが。

« ハッピハッピガー | トップページ | 終わりなき旅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490664/48640547

この記事へのトラックバック一覧です: 冬は中でも寒い:

« ハッピハッピガー | トップページ | 終わりなき旅 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ツイッター

無料ブログはココログ