« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の13件の記事

2015年4月30日 (木)

Dazzling World

ぎゃおおおおん!涼ちんキター!

という訳で、アイドルマスターSideMにまさかの涼くん登場ですよ!
最近、シンデレラのアニメだったり、ミリオンのイベントだったりで876の3人をチョコチョコ見かけるなあと思ってたら、
男性アイドルとして涼くんが再出発ですよ!ビックリですよ!

それで新ユニット『F-LAGS』の一員として活動して行くという事で、
愛ちゃん絵理ちゃんと離れちゃったのはサミシイけど、ゲーム内の台詞で2人の名前が出て来たのはよかったな。
出来れば涼くんだけじゃなく2人にも何かあればいいんだけど……
それかパラレル扱いで『ディアリースターズ』も『F-LAGS』も続けていくとか。

あと、『F-LAGS』のメンバーとして、元・女装アイドル秋月涼くんの他に
元・小説家の九十九一希くんと、元・六代目の兜大吾くんが新アイドルとして登場しましたね。
(確かにそうなんだけど、『元・女装アイドル』って肩書きは何なんだよ……)
(それに『元・六代目』って肩書きも何なんだよ……ゲーム内コミックだと極道の跡取りっぽい感じだったけど)

この2人はまだまだ情報が少なくてよく分からないですね。
ゲーム内コミックで涼くんと出会ってアイドルを目指しましたって事は明かされているけど、
この2人がどういう人でどういう事をしてきたかって部分はあまり描かれてなかったし。
もっとこの2人について情報を出してほしいなあ……
他のアイドルはコミックが4話あるのに、『F-LAGS』の3人は2話しかないから、後で多分追加されるとは思うんだけど……

まあ台詞見ただけでも大吾くんは中々いいキャラしてると思うので、『F-LAGS』も気長に応援していこうと思います。

あと、台詞でもコミックでも涼くんの胸パッドネタが出て来たのはメッチャ笑ったwwwww

2015年4月25日 (土)

アニマス第2話感想

アニメ『アイドルマスター』第2話『“準備”をはじめた少女たち』感想。

女の子達が可愛かった。

何か伊織・やよい・亜美・真美の年少組がメインの『おとなのはじまり』って感じの話で面白かった。
それで悩むアイドル達と同じ目線に立って(座ってたけど)考える赤羽根Pっていうのがよかったですね。

他に印象に残ったのは、オープニングで『READY!!』キター↑とか、
吉澤記者や鬼ヶ島羅刹もとい天ヶ瀬冬馬が出てきたとか。
あと、「ダメよ小鳥~」で笑ったwwwww

それと、バンダイチャンネルでアニメ終わった後に色々とCMが流れるんだけど、
ミリオンの次にシンデレラのCMが流れるのって結構凄くね?
同じアイマスというコンテンツではあるけど、ゲームのプラットフォームも音楽のレコード会社も違うし。
あと、ミリオンでアニメ再放送と連動したキャンペーンやってるとは言え、
CMのBGMが『THE IDOLM@STER 2nd-mix』なのは何なんだろ。

次、CD情報。

『CINDERELLA PARTY!』1stアルバムが6月10日に発売決定!

http://columbia.jp/idolmaster/imasnews/150424.html

内容は番組テーマソングの『でれぱDEないと』やカバー曲、録りおろしトークを収録したCDと
公開録音イベントの模様を収録したブルーレイの2枚組だそうで。
(あれ?『お願い! シンデレラ』のロックバージョンはCD化されないの?)

こういうのもいいけどさ、『アイマスタジオ』や『デレラジ』みたいなラジオCDは出さないんだろうか?
今週のデレパにゲストで武内さんが出てたけど、個人的には形ある音源として後世に残しておきたいぐらいだった。

次、SideMに新規ユニットが追加されるみたいですね。
昨日のラジオでシルエットが公開されていましたが3人組っぽいですね。
(876の3人かな?)

個人的には勝手にもうこれ以上アイドル増えないもんだと思ってたから、複雑に思う部分もあるんだけど、
(人数増えればその分推してるアイドルの出番が減るし、アイドル増やす前に今居る全アイドルにボイス付けてほしいし)
アイマスで男性アイドルをプロデュースするゲームって今のところSideMしかないし、
(涼君は女性アイドルとしてプロデュースだし)
もっと色々なアイドルが居てもいいのかもと思う。

それに「理由(ワケ)あってアイドル」というキャッチコピー通り他の仕事から転職したアイドルが多くて
他のアイマスコンテンツと比べると20歳超えたアイドルが多い分、特に中学生ぐらいの年齢のアイドルが少ないから、
そこらへん増やしていくのかもね。
(調べたら12~15歳のアイドルが御手洗翔太(14)とピエール(15)しか居ないんだよな……)

まあ、こうやって色々と言ってみたけど、
もしかしたら今居るアイドルが別のユニット組むって可能性もあるし(今のユニットとは兼任で)
気長に次の情報を待つ事にしますわ。

2015年4月22日 (水)

『CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 07 できたてEvo! Revo! Generation!』

Cgap07 今日買って来たニュージェネ『でボボレーション』(超テキトーな略し方)の感想。

『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 07 できたてEvo! Revo! Generation!』
歌:new generations [島村卯月(大橋彩香)、渋谷凛(福原綾香)、本田未央(原紗友里)]

01. できたてEvo! Revo! Generation!
アニメ第6話、第13話挿入歌。
シンデレラプロジェクト内6ユニットの中では一番ストレートなアイドルポップスで、アイマスらしい盛り上がる曲。
タイトルがちょっとダサいような気がするけどまあアイドルソングなんてダサくてナンボでしょ、と思っていたんだけど
2番サビの「できたてエボリュ~!レボリュ~! ごいっションに!」という歌詞は流石に……と思った。

02. 夕映えプレゼント -new generations リミックス-
アニメ第2話~第5話、第7話、第13話エンディングの別バージョン。
キュート・クール・パッションの3人が揃ったユニットだから、それぞれカッコよさ・カワイさ・元気さが全部感じられるんだけど、
やっぱニュージェネレーションズって名前だけあってエネルギーが満ち溢れてる気がする。

03. ボーナスドラマ「マジックアワー new generations特別編」
出演:島村卯月(大橋彩香)、渋谷凛(福原綾香)、本田未央(原紗友里)、プロデューサー(武内駿輔)、ディレクター(髙坂篤志)
ラブローゼンキャンディー凸*の時と同じく、武内Pがアイドルにラジオのディレクターを紹介する場面からスタート……なんだけど、
武内Pの紹介に割り込んでちゃんみおが自己紹介始めてしまう……
このおなじみの武内Pの台詞を楽しみにしてたのに何してんだ本田ァ!と思ったけど、
その後で散々武内Pのモノマネを披露してたから許す。

それでドラマの方は、ボケ:ちゃんみお、ツッコミ:しぶりん、天然:しまむー、
という役割分担がキチンとされているから、聞いてて面白い。
それだけじゃなく、第6話~第7話の事を思い出してリベンジを誓う真面目な場面もあったり。
このラジオは第12話の合宿より前に収録した設定みたいだし、
改めて第13話でちゃんと『でボボレーション』披露出来てよかったなって思う。

あと、相変わらず出てくるラジオネームがそれぞれのアイドルをイメージしたものなんだけど、
もしラブライカの収録がもっと遅かったら、みなみんを意識したラジオネームが「女神症候群」じゃなくて「ネタバレ症候群」になってたんじゃないかというクダラナイ事を考えた。

という訳でニュージェネの感想終了。
来月発売の『GOIN'!!!』の感想へ続く(はず)

2015年4月18日 (土)

アニマス第1話感想

アニメ『アイドルマスター』第1話『これからが彼女たちのはじまり』感想。

女の子達が可愛かった。

いや~、青森では勿論地上波で放送されないし、ニコ動でもシンデレラの方のアニメが再放送されるって話だし、
見られないかと思ってたけどバンダイチャンネルがやってくれましたよ。ありがとう。

それで内容の方だけど、いきなり登場人物紹介みたいな回でしたね。
アイドル達に加えてりっちゃん・小鳥さん・社長も出てきて、最後にプロデューサーも現れて、
次回からどうなって行くか楽しみですわ。

あと、シンデレラガールズ諸星きらり役の松嵜麗さんがこの第1話に出てたそうですね!
ご本人がツイッターで言ってましたが、コンビニ店員とオーディションの場面のアイドル役で!
アニメでモブ役をやってた人が、後に別シリーズではメインキャラクターを演じる。
改めて考えると声優さんの世界って凄いですね。

さて、そんなシンデレラガールズの方ですが、昨日第8話~第13話の一斉放送がありましたね!
SideMのラジオの裏で!!!
しかも内田弟がラジオに出てる時、それとモロに時間が被ってる第8話はランラン(内田姉)のメイン回だったからね!!!!!

今週はCDも同じ日にぶつけて来たし、シンデレラによるSideM潰しが激しいな……
これじゃあ346じゃなくて961だろ……

という理由(ワケ)あって、次、CD情報。

http://columbia.jp/idolmaster/imasnews/150417.html

・6月3日『MASTER ARTIST 3』シリーズ第2弾(美希・伊織・貴音)発売

美希の『Catch You Catch Me』がメッチャ楽しみや……!
そして第1弾では全部買うとリミックス音源プレゼントがあるみたいだけど、第2弾でもやるんだろうか?

・『GOIN'!!!』試聴開始

いや~、やっぱいい曲だわ~!
あとジャケ写も出てるけど、アニメのいい場面持ってきたなあ~
コッチも楽しみですわ。

2015年4月17日 (金)

BRAND NEW FIELD

いえーい!皆スマブラしてる~?
一昨日からクラニンでキャンペーン登録してた人を対象にミュウツーが配信されてるぜ~!
(来週から有料で一般配信開始予定)

それで早速使ってみたんだけど……
あのフワフワとした独特の動きが健在ですよ!
DXの時はあんまり使いこなせてなかったけど、せっかく2作ぶりに復帰したんだから、
今回はしっかり使ってあげたいと思います。

それで声が『逆襲』の市村正親さんでも『覚醒』の高島礼子さんでもなくて、
(別に市村さんが逆襲したり高島さんが覚醒してる訳ではなくて)
『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役でおなじみ藤原啓治さんだそうで。
スマブラのポケモンキャラってアニメで演じた人がそのまま声を担当する事が多いから、
ミュウツーどころか他のポケモンすら演じた事ない人を使うって相当珍しいよね。
(一応ポケモンじゃなくて人間キャラだったら、アニメでマツブサやってる)

でも、市村ミュウツーと比べて藤原ミュウツーが全然違和感無いんだよね。
もし声が市村さんから代わったら、大きなお友達が五月蝿いだろうと思ってたけど、ひろしスゲー!
ていうか市村さんの代役が野原係長って豪華すぎるやろ!

そんなこんなで、スマブラは前から使ってるゲッコウガァ……と、あるにはありますルフレに加えて、
最近はアイク団長とミュウツー係長を重点的に使ってます。

6月に予定されているリュカも楽しみだな~

2015年4月15日 (水)

『CGAP 06 ØωØver!!』 / 『SideM SL -01 Jupiter / -02 DRAMATIC STARS』

Cgap06smsl0102 1日遅れてしまいましたが、アイドルマスター星井美希役の長谷川明子さんお誕生日そして妊娠おめでとうございます。
という訳で今日発売されたアスタリスク、ジュピター、ドラスタの感想。

『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 06 ØωØver!!』
歌:*(Asterisk) [前川みく(高森奈津美)、多田李衣菜(青木瑠璃子)]

01. ØωØver!!
アニメ第11話エンディング。
イントロから「にゃあ!にゃあ!」という掛け声が入ってきて、ある意味あんずのラップや凸レーションのコール以上にぶっ飛んでる曲。
でもその掛け声以外は割と爽快なポップロックって感じで聞きやすい。
実際に中の人二人が作詞を手がけているから、みくにゃんっぽさ・だりーなっぽさが両方ちゃんと感じられるんだよね。
ケンカばっかりしてて水と油みたいな関係だったけど、個性が上手く混ざり合ったマヨネーズみたいな曲。
楽しい曲だからライブでやったら盛り上がるだろうな。オッサン達の「にゃあ!にゃあ!」コール……

02. 夕映えプレゼント -*(Asterisk) リミックス-
アニメ第2話~第5話、第7話、第13話エンディングの別バージョン。
前曲でも思ったけどさ、クールとキュートで属性違って、そもそも本人達不仲だって言うのに、声の重なり方は凄く良いよね。
凸のそこはかとない元気感とはまた違うんだけど、このバージョンも明るくて良い曲だわ。

03. ボーナスドラマ「マジックアワー *(Asterisk)特別編」
出演:前川みく(高森奈津美)、多田李衣菜(青木瑠璃子)、プロデューサー(武内駿輔)、ディレクター(髙坂篤志)
ラブローゼンキャンディー凸の時と同じく武内Pがアイドルにラジオのディレクターを紹介する場面からスタート。
相変わらず不仲キャラで何度も解散芸を披露する二人。
これ他の人が芸として認識してるからいいものの、ある意味あんず以上に放送事故一歩手前だぞwwwww
そんな解散芸人二人だけど、ケンカしながらも時々デレて本音出してくるのがカワイイ。

あと、だりーなの「やったね!」肩パンでちえりちゃんが怯えていた事が判明。何やってんだ多田ァ!

『THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -01 Jupiter』
歌:Jupiter [天ヶ瀬冬馬(寺島拓篤)、 御手洗翔太(松岡禎丞)、伊集院北斗(神原大地)]

01. BRAND NEW FIELD
Jupiterとしては2011年11月の『THE IDOLM@STER Jupiter』以来約3年5ヶ月ぶりのCD。
それでそのCDに収録されていた『Alice or Guilty』や『恋をはじめよう』は
何となくカトゥーンとかスマップとかジャニーズっぽい感じがしていたけど、
この曲は明るくて疾走感があってザ・アイマスって感じの曲。でも男性ボーカルが乗ってるから新鮮さも感じる。

あと、サビの「ミ-ラ-イ-は-!い-つ-で-も-!」とその後の「Go! Future 振り向かないで~」の所がスゲー好き。
まさに事務所(961プロ→315プロ)もレコード会社(コロムビア→ランティス)も移籍して、「新天地」で活動しているジュピターにピッタリの曲ですよ!

02.Drama part 1 ~Jupiter~
ドラマパートその1。ジュピターの3人が961プロを辞めてから315プロに入るまでの事を色々と振り返るという内容。
SideMのアイドルって理由(ワケ)あって別の仕事から転職した人達ばかりだけど、
元からアイドルだったジュピターって元961プロって所が理由ありなんだよな……
ジュピターも色々と苦労してるのね……

03.Planet scape
『BRAND NEW FIELD』とは打って変わって何だかジャニーズっぽいというか、ジャニーズでは割とありがちなシリアスバラードって感じなんだけど、
歌詞はしっかりとジュピターの心情を描いた曲になってるんだよね。
1つ前のドラマパートを聞いてると余計にしみてくる。
『BRAND NEW FIELD』とは正反対の曲調だけど、これもまたジュピターに合った良い曲や。

04.Drama part 2 ~Jupiter & DRAMATIC STARS~
出演:天ヶ瀬冬馬(寺島拓篤)、 御手洗翔太(松岡禎丞)、伊集院北斗(神原大地)、天道輝(仲村宗悟)、桜庭薫(内田雄馬)、柏木翼(八代拓)
ドラマパートその2。ジュピターとドラスタが改めて自己紹介し合うという内容。
コッチのCDしか手にしてない人にもドラスタの事を知ってもらえるね!
それと終盤にフィジカル(あまとう・てんてる)、インテリ(チャオ・桜庭乱入)、メンタル(翔太・翼)の各属性同士で絡みがあるっていうのがネタ細かいw

05.DRIVE A LIVE (Jupiter ver.)
『ST@RTING LINE』シリーズ共通曲のジュピターバージョン。
この曲もアイマスっぽい感じなんだけど、ジュピター自身の事を歌ってる『BRAND NEW FIELD』と比べて、
「SideM」とか「315!(サイコー!)」とか歌詞に入ってるし、共通曲だけあってSideM全体の事を歌ってる感じ。
何よりノリが良くて楽しい!サイコー!

『THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -02 DRAMATIC STARS』
歌:DRAMATIC STARS [天道輝(仲村宗悟)、桜庭薫(内田雄馬)、柏木翼(八代拓)]

01. STARLIGHT CELEBRATE!
この曲もまた爽やかでアイマスらしい曲。でも、何処までもまっすぐ突き進んで行く感じの『BRAND NEW FIELD』と比べると、この曲はどんどん空高く昇って行くようなイメージ。
(まあ一応『BRAND NEW FIELD』でも「成層圏を突き抜け」てるんだけど)
「輝いた~」はそのまま輝、「フレグランス」は薫、「空高く!」とか「LET'S TAKE OFF!」とかは元パイロットの翼をイメージした歌詞かな?

02. Drama part 1 ~DRAMATIC STARS~
ドラマパートその1。ドラスタの3人が始めてインタビューを受けるという内容。
お節介焼きの輝と個人主義の薫、そして二人の潤滑油役の翼。
輝と薫はケンカばっかりしてるけど嫌いって訳ではないみたいだし、結構良いユニットですね。

03.DRAMATIC NONFICTION
爽やかな『STARLIGHT CELEBRATE!』とは打って変わって、ちょっとエレクトロ入ったダンスナンバーって感じの曲。
それでこの曲もまたジャニーズでは割とありがちな感じがするんだけどメッチャカッケー!!!!!
正直、今日出た3枚のCDの中ではこの曲が一番好き。

04.Drama part 2 ~DRAMATIC STARS & Jupiter~
出演:天道輝(仲村宗悟)、桜庭薫(内田雄馬)、柏木翼(八代拓)、天ヶ瀬冬馬(寺島拓篤)、 御手洗翔太(松岡禎丞)、伊集院北斗(神原大地)
ドラマパートその2。曲の方向性でケンカしているドラスタにジュピターがアドバイスするという内容。まあケンカしてんのは輝と薫だけなんだけど。
年齢はドラスタの方が上だけど、アイドルとしてはジュピターの方が先にデビューしてるから、先輩らしさを見せる所が印象的。

05.DRIVE A LIVE (DRAMATIC STARS ver.)
『ST@RTING LINE』シリーズ共通曲のドラスタバージョン。
同じ曲を歌ってるとよりハッキリと感じるんだけど、ジュピターよりドラスタの方が落ち着いた声してるんですよね。
だから「サイコー!」みたいな掛け声の部分はジュピターのハジけた歌声の方が合ってると思うんだけど、
歌詞は「見上げる空へ」(翼)とか「もっと輝いて」(輝)とか「星のように」(スターズ)とか、ドラスタのイメージに近いように感じた。

【初回生産封入特典】 ゲーム内で使えるCD限定デザインカード(SR+)が入手できるシリアルナンバー
『01』がジュピター、『02』がドラスタからそれぞれ一人だけ選べます。
私はそれぞれ、あまとう・てんてるを選びました。
「どっちもフィジカルだな……」とか「手持ちのカードとのバランスを……」とか色々と考えたんだけど、
無課金だとSR+を手に入れる機会なんてそうそう無いし、ジュピターとドラスタからそれぞれ一番好きなメンバーを選びました。
(CD買ってるのに無課金と呼べるのだろうか?という哲学的な問題は置いておく)

でも正直、出来る事なら全員分揃えたいんだよな……
もうちょっと安ければ人数分買っても……ていうか値段高くね?
シリアルナンバー付いてて、欲しい人には複数枚買わせようとしてるのに1,800円(税別)って高いよ!
これジュピターやドラスタはまだ3人だけどさ、ハイジョやカフェパレみたいな5人組を箱推ししてる人大変だよ!
シリアルナンバーという形が無い物で複数枚買わせようとするなら、もうちょっと単価下げてほしかった……

CDだけだったら、DVDやブルーレイが付いてないにしては高めだけど曲やドラマパートは面白かったからまあ良いか、って思えるんだけど……

まあ、そんな事良いつつもフレーム来たら絶対3人分買うでしょうけど。

という訳で、CDの感想終わります。

そうそう、そういえば14日付のオリコンデイリーランキングでそれそれ、
アスタリスクが7位、ジュピターが8位、ドラスタが9位に入ってましたね。おめでとうございます!

それで今気付いたんだけど、アスタリスクはアニメでも言ってたようにラテン語で「小さな星」という意味で、
ジュピターは「木星」、そしてドラマチック"スターズ"と、3組とも名前が星に縁あるんですよね!
狙ってたのかどうかは分からないけどスゲー!

星に縁ある3組が並んでる……
これってまさに『ミツボシ☆☆★』じゃん!!!!!

2015年4月12日 (日)

続・アニメデレマス第13話感想

バンダイチャンネルでアイドルマスターシンデレラガールズ第13話を4月11日正午より48時間限定で無料配信!

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=4418

すげー!バンダイチャンネル太っ腹じゃん!!!

という訳で改めて、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第13話『It's about time to become Cinderella girls!』感想。

女の子達が可愛かった。

とうとうやって来たアイドルフェスの話でしたけど、いやーよかったですわ。
とりあえず、個人的に気になったところを。

フェスの会場に第1話で『お願い! シンデレラ』を歌ってたメンバーのポスターが沢山あったけど、やっぱ346プロとしてはこの9人が稼ぎ頭なのかな。

シンデレラプロジェクトのメンバーが楽屋で打ち合わせしてる時、皆が一つのテーブルの周りに集まってるのに
あんずだけ隣のテーブルのイスに座ってたな……
まあ、あんずが打ち合わせに参加してるだけまだ良い方なのかな。

しょっちゅうシンデレラプロジェクトに顔を出してくるカリスマJKモデルの城ヶ崎美嘉。
それで先輩が部屋に入って来て皆すぐに挨拶するって成長したな。
第6~7話での出来事をふまえて「一歩進んで見せるから」と言ってるちゃんみおに対して感動してるし、良い先輩後輩関係だね。

楓さんのギャグや瑞樹さんの「わかるわ~」も飛び出して、
(全員ではないけれど)大集合した346プロアイドル達の個性が爆発。
そしてあっけにとられるシンデレラプロジェクトの面々。

この時計の針が進む音から始まるバージョンの『おねシン』はCD化されないんだろうか……
『Star!!』のカップリングに入ってた第1話バージョンの『おねシン』にもこのイントロ付いてなかったし……

リーダーに選ばれて、皆の為に一生懸命頑張っていたら熱を出して倒れてしまったみなみん。
前回は人前ではなるべく不安を見せないようにしてたけれど、
今回武内Pに「ステージへの出演は許可出来ません」と言われた時に、
悲しみや怒り、絶望等が入り混じった表情を見せた所にグッと来た。
そして、自分が出られない事には何も言わず堪えたのに、
アーニャが出られなくなるかもしれない事には感情をあらわにして訴えた所にもグッと来た。
この子ホント責任感が強くて良い子やな……

みなみんの代役を決める時に、蘭子語じゃない言葉で「やってみたいんです」と自分から言い出したランラン。前回の合宿があったからこそだね。

倒れたみなみんを励ましにやって来た美嘉姉。この人ホント面倒見良いな。

アーニャ・ランランをくすぐって緊張をほぐしてあげる莉嘉ちゃん・みりあちゃん。
この年少二人組は良いムードメーカーだね。

ランランの帽子が落ちない様に留めてあげたきらりちゃんカワイイ。

みなみんがステージに出られなかった事は残念だったけど、
このアーニャ・ランラン版の『Memories』もメッチャ良いな。コッチもCD化してほしい。

ニュージェネの出番直前で雨が降ってくるどころか雷まで落ちてフェスが一時中断する始末……
さっきホワイトボードに「降水確率:0」って書いてあったのに……

いつでもマイペースでブレないあんずも、莉嘉ちゃん・みりあちゃんとはまた違ったムードメーカーだよね。

フェス再開直前、お客さんが戻りきっていない事をちゃんと伝える武内Pと、それを冷静に受け止めるニュージェネ3人。
どちらも第6話から成長したね。

ジャンケンでしぶりんが勝った為、ステージに出る時の掛け声が「チョコレート」に。
これは3人がもう臆病者(チキン)ではなくなったって事かな。

ようやくちゃんと披露された『できたてEvo! Revo! Generation!』(既に結構時間が経っている)
シンデレラプロジェクト内6ユニットの曲の中では、一番ストレートなアイドルポップスですね。
それでこの時のニュージェネ3人が、ステージ上でのダンスも裏で抱き合って喜んでる表情もホントに生き生きしてて凄く良い。

いつも働きたくないって言ってるあんずが、「まあやってやるか」みたいな表情でちゃんみおとハイタッチしてステージに上がっていく。
これって何気に凄い事だよね。
あんずが自分から動き出す時の表情ってホント魅力的。キャンディーアイランド結成あたりから高感度急上昇中。

キャンディーアイランド・凸レーション・アスタリスクのステージは動かない一枚絵……
これを思うとソロでもアーニャとの『Memories』でも動いてたランランってかなり恵まれてたんじゃ……

アスタリスクが出番終えてハケていく時、入れ替わりでステージに上がっていく美嘉姉に驚いてたけど、ここホントはどういう予定だったんだろ?

とうとう復活したのは良いけれど、「本番前に熱出しちゃったし、リーダー失格」と思ってるみなみんに対して、
「待ってたよ」と暖かく迎える皆、手を繋いで励ますアーニャとランラン。
このシーン、BGMの『おねシン』ピアノインストバージョンも相まって凄く感動的。

シンデレラプロジェクト14人で披露された新曲『GOIN'!!!』
この曲凄くオープニングっぽい曲調ですよね。今回オープニングで『Star!!』なかったのはその為か。
それで765プロ版のアニメは前期OPが『READY!!』、後期OPが『CHANGE!!!!』だったじゃないですか。
そしてシンデレラ版のアニメは前期OPが『Star!!』で、もし後期OPがまた感嘆符4つ付くとしたら、
感嘆符3つのこの曲『GOIN'!!!』は前期と後期を繋いでいく(もしくは文字通り「進めていく」)為の曲なんでしょうね。

第7話以来久しぶりのエンディング『夕映えプレゼント』
やっぱこの曲あったかくて好きだわ。

観客の中に善澤記者が居た。

土壇場で神谷奈緒と北条加蓮が登場。
加蓮がしぶりんと同じ中学校だった事が判明したし、セカンドシーズンではトライアドプリムス結成するのかな?

お馴染みの時計が進む場面、ノーパソでフェスの映像を見ていた謎の人物は一体……?
なんだか女性っぽかったけど……346プロの社長さん?

シンデレラプロジェクトの皆がくつ脱いで裸足になってたのって、
童話のシンデレラ的には魔法がとけて、ただの女の子に戻ったって意味だろうか?

武内Pがファンレター持って来た!
いつかのデレラジでネタバレしちゃってた武内Pがファンレターを持って来るシーンだ!
確かコレって第6話の放送直後に起こった事件だったよね。
あの時「私……アイドル辞める」とまで言ったちゃんみおが「アイドル辞めなくてよかった」と武内Pに感謝するシーンはホントに感動的。

あれ……確かデレラジでファンレターの話をネタバレしちゃってたのって洲崎さんだったよな……
それでファンレターが出てきた今回、その洲崎さん演じるみなみんが熱出して倒れる……
これって……

最後、ニュージェネ3人が第1話の冒頭の出来事を思い返して、私たちあの時同じ場所に居たんじゃん!というオチで終了。
やっぱあの時に見つけてたから、武内Pはこの3人を選んだのかな。
何にしてもキレイな終わり方でしたわ。

という訳でアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』ファーストシーズン終了!
終わったのは寂しいけれど765プロ版の再放送は楽しみだけれどセカンドシーズンが待ち遠しいけれどうわあああああ!!!!!

既に結構長くなってるけど、次、CD情報。

CINDERELLA PROJECT『GOIN'!!!』が5月13日発売決定!

http://columbia.jp/idolmaster/imasnews/150410.html

とりあえず、ニュージェネの後に続いて7週連続リリースにならなくて良かった……

CDの内容は今回披露した『GOIN'!!!』と『夕映えプレゼント』の14人版、それと第3話で披露した『TOKIMEKIエスカレート』のLIVE MIX。
『夕映えプレゼント』の14人版がようやく聞けるのは嬉しい!それで『TOKIMEKIエスカレート』はライブミックスって事はコールとか入ってるのかな?

それで初回限定盤のブルーレイには、『夕映えプレゼント』のノンテロップ映像と、CDと同内容のブルーレイオーディオが収録。
兎にも角にも楽しみですわ。

ミリオンのライブ会場限定で発売されたCDが通販開始!

http://idolmaster.jp/blog/?p=12236

このCD気になってたから通販してくれるのは嬉しいけれどお金ないから困るけれど限定CDって手に入れられる時に手に入れておかないとうわあああああ!!!!!

アニメデレマスファーストシーズンは終わったけれども、私のアイマスライフはまだまだ続きそうですわ。

2015年4月11日 (土)

アニメデレマス第13話感想

アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第13話『It's about time to become Cinderella girls!』感想。

うわあああああ!!!!!
結構長い時間かけて感想書いてたのにデータ消えたああああああああああ!!!!!!!!!!

もういいよ!私……アイドル辞める!

2015年4月 7日 (火)

『CGAP 05 LET'S GO HAPPY!!』 / 『Xenoblade Special Sound Track』

Lgh 今日フラゲしてきた凸レーション『LET'S GO HAPPY!!』の感想。

『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 05 LET'S GO HAPPY!!』
歌:凸レーション [城ヶ崎莉嘉(山本希望)、諸星きらり(松嵜麗)、赤城みりあ(黒沢ともよ)]

01. LET'S GO HAPPY!!
アニメ第10話エンディング。
ピコピコした音が印象的なデジタルポップス。
シンデレラプロジェクトの中でも特に元気いっぱいいっぱいなパッション3人組が歌ってるし、曲のあちこちにコールが入ってるし、メチャクチャテンションが高い!
これライブでやったらスゲー盛り上がるだろうな。

あと、2番のコールで「L・O・V・E もぐもぐ 三村!」と聞こえる部分があるんだよね。
歌詞カードにコール部分は載ってないけど、たぶん実際には「L・O・V・E もふもふ みりあ!」って言ってるんだと思う。
でも一度聞き間違えたら何度聞いてもそうとしか聞こえなくなった。
まあ、かな子だったら(キャラ的に)おいしいから大丈夫だよね。

02. 夕映えプレゼント -凸レーション リミックス-
アニメ第2話~第5話、第7話エンディングの別バージョン。
前曲と変わって落ち着いた曲で、それに合わせて歌声も抑え目になってます。
でも何だかそこはかとなく元気。
今までに出た『夕映えプレゼント』の中では一番明るいイメージ。

03. ボーナスドラマ「マジックアワー 凸レーション特別編」
出演:諸星きらり(松嵜麗)、城ヶ崎莉嘉(山本希望)、赤城みりあ(黒沢ともよ)、プロデューサー(武内駿輔)、ディレクター(髙坂篤志)
ラブローゼンキャンディーの時と同じく武内Pがアイドルにラジオのディレクターを紹介する場面からスタート。
……何か段々と武内Pが落ち着いてきた(元々落ち着いてるけど)というか、
ラブライカの頃に比べて出だしの「こちらが、このラジオ番組を担当しているディレクターの方です」という台詞で声のトーンが下がってる気がする。

それでドラマの内容としては、ローゼン・キャンディーの時は調子いい事ばっか言ってるなって感じだったディレクターが、今回は凸の3人の勢いに押されてるのが印象的。
あと、きらりちゃんが自分の身長高い事を気にしてる事を話す場面でグッと来た。
普段はハピハピにょわにょわ言っててテンション高いきらりちゃんが落ち込んでると、コッチまで気分が沈んでくるんだよな……
そして、きらりちゃんが落ち込んでると、すかさず慰めてくる莉嘉ちゃんとみりあちゃんが天使や……
この3人の関係性ホントいいわあ……

それとみりあちゃんが言ってた「太鼓のロックな叩き方」って何だァ!変な事教えるんじゃねーぞ多田ァ!本田ァ!
(そういえば『夕映えプレゼント』の映像でちゃんみおとだりーなが太鼓の達人やってたな。ホント細かいネタ拾って来るのさすがだわ)

それで上の写真で一緒に写ってる『ゼノブレイド』も買ったよ。
悩んでたんだけど、リメイクだからか他の3DSソフトより安いしサントラCDも付いてくるしで思わず買ってしまった……
(お財布事情が穏やかじゃないですね)

とりあえずゲームはまだちゃんとプレイしてないんだけど、とりあえずサントラのトラックリストを。

『Newニンテンドー3DS専用 Xenoblade ゼノブレイド』早期購入特典『Xenoblade Special Sound Track』復刻版
※Wii版発売時に数量限定で配布した『Xenoblade Special Sound Track』の復刻版

01. メインテーマ
02. コロニー9
03. 戦闘!
04. ガウル平原
05. 思い出
06. マグナ原生林
07. 名を冠する者たち
08. 機神界フィールド
09. 敵との対峙
10. 巨神の目覚め
11. 別れ、そして…
12. エンディング・テーマ 『Beyond the Sky』

スマブラでもお馴染みの『ガウル平原』、『名を冠する者たち』も聞けるよ!
やっぱスマブラとゼノブレイドでは、また違って聞こえるんだろうな。
ゼノシリーズプレイするの初めてだからちょっと心配だけど、頑張って進めていきたいです。

そんなこんなで来週発売の『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 06 ØωØver!!』感想へ続く(はず)

2015年4月 6日 (月)

続・アニメデレマス第12話感想

ニコ動でデレマス第12話を見直して気付いた事など。

あんずはただただメンドクサイ働きたくないってだけじゃなく、冷静に現状が見えてるんだね。

アスタリスクの解散芸もすっかり板についてきましたね。
前回みたいに相手の食べる分に勝手にソースかけるならまだしも、お好み焼きぐらい自分の好きな食べ方したらええやん。

膝抱えてちっちゃくなってるきらりんカワイイ。

みなみんはプロジェクト皆の事を支えて、アーニャはみなみんの事を支える。
ラブライカ2人の関係性ってイイネ。

蘭子語ではない素の言葉のランランカワイイ。
ていうか部屋割りが各ユニットごとになってるけど、それだとランランだけ一人ぼっちになるからって
わざわざケンカばっかりしてるアスタリスクの部屋に押し込むなよ……(それとも仲裁役?)

思ったんだけど、ちゃんみおって引っ張っていくタイプのリーダーだよね。
先陣を切って進んでいく頼もしい存在ではあるんだけど、
無理に引っ張っていこうとする部分があって周りがついていけなくなったり、
第7話みたいに落ち込むと周りも引きずり込んで暗い気持ちにさせたり。
それに対して、みなみんは皆を支えるタイプのリーダーだよね。どっちが良い悪いの話じゃなく。

みなみんが鏡の前でニコッ!
第10話の最後で(しまむーを留守番させて)皆で笑顔の練習してたのはこの布石だったのか。

スペシャルプログラム最初のリレーの時、途中からキャンディーアイランドのメンバーが全然出てこなくなったな……
第1走者の時点でかな子がビリだったし、ちえりちゃんもそんな足速そうなイメージじゃないし、
あんずは第4話の時にヘンテコな走り方してたしそもそも何もないと走りそうにもないし。

お菓子の申し子、三村かな子。

三人四脚の時の凸レーションの掛け声「にょーわにょーわ」って何だよwwwww

水鉄砲で遊んでる時に傘を持ち出すランランがマジロック。

エンディングの『Nation Blue』、歌唱メンバーは原曲と一人違うだけ(楓さんがアーニャになっただけ)なんだけど、聞き心地は結構違って感じる。
というか、原曲は結構5人平等な感じのパート割りだったけど、
今回のはBメロが全部みなみんのソロだし、サビもみなみんの声が強めに聞こえる。

それで次回予告。
うわあああああ!!!!!最終回いやあああああ!!!!!
(1クール目のラストってだけで最終回ではないけど)
(内容自体はメッチャ楽しみだけど)

そんなこんなで第13話感想へ続く。

2015年4月 4日 (土)

アニメデレマス第12話感想

アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第12話『The magic needed for a flower to bloom.』感想。

女の子達が可愛かった。

今回14人全員で夏合宿でしたけど、よかったっすね。
最初、短い練習時間でユニット曲だけじゃなく全体曲もやるって無理じゃね?と不穏な空気が漂っていたものの、
みなみんのアイデアとリーダーシップによって全員が一致団結するという、イイハナシダナーって感じで。

そういえば前回の感想で「このままいくと『Nation Blue』、『ススメ☆オトメ ~jewel parade~』は挿入歌としての使用はないのかな?」なんて書いたけど、両方とも今回流れちゃいましたねテヘペロ。
『ススメ☆オトメ』は『ST@RTER BEST』に入ってたシンデレラプロジェクト14人版、
『Nation Blue』はシンデレラプロジェクトのクール5人組(みなみん、しぶりん、アーニャン、ランラン、だりーなん)で、原曲から楓さんがアーニャに変わってますね。

それで次回、第13話のサブタイトルが『It's about time to become Cinderella girls!』という事で
約すと「シンデレラガールズになる為の時が来た!」みたいな感じですかね?
ファーストシーズン最終回なのはサミシイけど、描かれるであろうフェスでのライブシーンはメチャクチャ楽しみです。

他、細かい所は月曜にニコ動で見てからとして、次、CD情報。

http://columbia.jp/idolmaster/imasnews/150403.html

『MASTER ARTIST 3 01~03』の全曲試聴開始。
『絶険、あるいは逃げられぬ恋』がメチャクチャカッコイイな!他の曲もいい感じ!
だけど今回ドラマ・トークパートは入ってないのね……

それで3つ買った人に『キミ*チャンネル」の春香・響・真の3人バージョンをプレゼントだってさ。
なんか「こんなモンで釣ろうなんて姑息な……!」と思ったけど買うかどうかちょっと悩んでる。くっ……

2015年4月 3日 (金)

ND2015.04.02

昨日の朝放送されたニンテンドーダイレクトで個人的に気になった事を色々と。

Nintendo Direct 2015.4.2|任天堂

・スマブラ・ミュウツー参戦!!
いきなりツー様キター!!
スマブラに追加ファイターとして4月28日配信開始(クラニンキャンペーンで登録した人は4月15日から)
価格は417円(税別)で3DS版とWii U版まとめて買うと509円(税別)(キャンペーン登録した人は無料)

……ツー様思ってたよりもお手ごろ価格っすね。
オツキミ山手前のポケモンセンターでおじさんが売ってるコイキング(500円)より安いやん。
ツー様の為に2つソフト買ったっていうような人はちょっとどころじゃなく後悔するような……(まあサントラCDもあったけど)

それでムービー中だとボイス聞こえなかったけど、どうなってるんだろ?
DXの時と同じく市村さん?メガミュウツーYにメガシンカしてたからゲノセクトの映画の時の高島さん?それともまた別の方?
個人的には、出来れば市村さんがいいなーでもそれが無理だったらしょうがないねって位なんだけど、
大きなお友達は五月蝿そうなんで、市村さんが無理なら他の人使わずにゲーム版の鳴き声でいいと思ってます。

ミュウツー「パラスじゃねーし!」
……よく考えたら鳴き声似てるのはパラスじゃなくてパラセクトだったわ。

・スマブラ・リュカ参戦!!
ツー様と違ってこれまで何の情報も出てなかったから驚いたよ!!そんで配信予定が6月!!
発表から半年待たされたツー様と比べて早いっすね!!
あと、ムービーの前座でボコボコにされるネスが切ない……

・スマブラの追加参戦ファイターをリクエストできる「スマブラ投稿拳」
なんだと!!!!!ナンスさんをリクエストしなきゃ!!!!!

・スマブラ・アミーボ新キャラ発売
推しメンのゲッコウガたんキター!!
これでアミーボ発売がまだ発表されていないのは、ゲームウォッチ・ファルコ・ダックハント・ロボット・Miiファイターですね。見事に曲者ばっかり残ってるな……
DLCキャラのミュウツー・リュカも製作決定してるし、いずれ全キャラがアミーボ化されるでしょうね。
(Miiファイターはキャラの特性上難しいだろうけど)

・ヨッシーウールワールド・あみぐるみヨッシーのアミーボ発売
メチャクチャカワイイ!!欲しい!!でも正直わざわざアミーボとして出す必要なくね!?
何か「アンタのあみぐるみ汚れてたから洗っといたよ」事件が発生しそうな予感。
(そういえば昔ボタン押すと喋るピカチュウのぬいぐるみを母親に洗濯された事があったわ)

・幻影異聞録♯FE
『ファイアーエムブレム』と『女神転生』のコラボだそうで……なんかよくわからないけど、凄そうっすね。

・任天堂広報室・森本さん
途中から岩田社長に代わってソフトを紹介してましたね。
ちょっと緊張してるのかなと感じるところもあったけど、結構ハッキリした声で分かりやすいプレゼンでしたね。
ただ、ちゃんと「トゥイッター」と言ってほしかった……

・リトル インフェルノ
なんだこのゲームww面白そうだけど、リビングでやってたら家族に病んでる人扱いされそう。

・来週4月10日22時よりゼノブレイドクロスの最新映像を放送
わざわざニンダイとは別で放送するって事は結構な情報を出してくるのかな?
あとそういえば今日はNew 3DS版の発売日だったんだよな……
ゼノブレイドちょっと興味はあるけどやった事ないからな……
早期購入特典でサントラCD付いてくるみたいだけど……うーん……

・ブレイブリーセカンド エンドレイヤー
前作『ブレイブリーデフォルト』も面白かったし、これ欲しいんだよなー
でも前作は後から完全版やら廉価版やら出してきたし……うーん……

・みんなのポケモンスクランブル・オメガルビーアルファサファイアまでのポケモンが700種類以上登場
700種類以上って言ったら大概のポケモンは出てきますね(「全部」とは言ってない……)
ナンスさん出てきたら嬉しいけど、反射でしかダメージ与えられないから外伝的なゲームだとあんまり活躍させてあげられないジレンマ……

・すれちがいMii広場・更新データ配信
新ゲームキター!!けどいきなり言われても残高ねーや。やっぱニンダイの前は念の為に残高追加しておかなきゃダメだわ。
あとすれちがいMii広場プレミアムはそんな金取らんでも……と思ったけど、ニコ動もピクシブも「プレミアム」ってそんなもんだよね。

・リズム天国 ザ・ベスト+
メッチャ面白そう……でもあんまりお金に余裕が無い……
あとタイトルが「ザ・ベスト」だと廉価版的な感じがするから止めといた方がいいと思う。

・ファイアーエムブレムif・白夜王国と暗夜王国の2種類発売
ポケモンかな?タイトル的にブラック・ホワイトかな?
まあ発売方法には驚きましたけど、ゲーム自体は面白そうですよ。
それに選ばなかった方は追加コンテンツとして1,852円(税別)で購入可能って結構良心的じゃないですか?
シナリオはどちらも『FE覚醒』と同程度のボリュームで、6章までは共通って事を考えてもかなりのもんだし、
さらには白夜とも暗夜とも違う第三の道まで同じ値段で用意してあるって物凄いぞ!!
追加コンテンツも合わせれば結構な値段するけど、充分過ぎる位のボリュームでかなり楽しめそう。
どうせ全部遊びたくなるだろうから限定版が欲しいな……って発売6月?近いな!
去年は夏発売予定の『スマブラ3DS』が9月に出て、今年は夏発売予定の『FE if』が6月に出るって何なんだよ……夏の範囲が広すぎるだろ……

(あとムービーで踊ってる女性の服の色が黒から白に切り替わる時、一瞬裸になったかと思ってビックリした)

・どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー
カードeだー!!!!!いやカードeではないけど、あのカードのデザインは絶対カードeを意識してる!!!!!
それでゲームの方は『とびだせ』から部屋作りの部分だけとびだして来た感じ。
でも、『とびだせ』では見た事なかった気がする家具があったり、床のマットの位置をズラしている場面があったりして、
ただ単に一部分だけ抜き出して来たって訳ではないみたいなので楽しみ。

でも直接触れずに家具を移動させてるのはちょっと気になる。むらびとはとうとう超能力使えるようになったのか?

・ニンテンドー3DSでもアミーボが使えるようになる「NFCリーダー/ライター」を『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』と同日に発売
『どうぶつの森』って『e+』の時のカードeリーダー+といい、『街へいこうよ』の時のWiiスピークといい、新しい周辺機器と一緒に出すのが好きだな。

・マリオカート8・追加コンテンツ第2弾
第1弾のリンクやブルーファルコンもだけど、今回もちゃんと作りこんであってメッチャ面白そう。
そういえば今度クラニンに追加される『マリカ8』のサントラには追加コンテンツの曲も収録されるみたいだけど、
今回生演奏してる場面が紹介された『どうぶつの森』の曲も収録されるのかな?

あと、200ccは面白そうなんだけど、見てるだけでも目が回るわい。

いや~今回のニンダイも盛り沢山で面白かったですわ。
ただ欲しいものがありすぎて困る。どうしよう。

2015年4月 1日 (水)

『CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 04 Happy×2 Days』

本日発売、キャンディーアイランド『Happy×2 Days』の感想。

H2d 『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 04 Happy×2 Days』
歌:CANDY ISLAND [双葉杏(五十嵐裕美)、三村かな子(大坪由佳)、緒方智絵理(大空直美)]

01. Happy×2 Days
アニメ第9話エンディング。
かな子と智絵理ちゃんの優しくて甘くてふわふわした雰囲気にピッタリなミドルポップス……
なんだけど、Bメロで絡んでくるあんずラップが強烈すぎるwwwww本人も言ってるけど本当フリーダムだなコイツwwwww
何と言うか、歌がふわふわの綿あめならラップ部分はパチパチキャンディーみたいな。そんな一つで二度おいしい曲。

02. 夕映えプレゼント -CANDY ISLAND リミックス-
アニメ第2話~第5話、第7話エンディングの別バージョン。
もちろん前曲と違って、あんずはラップしてません。
先に出てたラブライカ版(みなみん・アーニャ)とローゼンブルク版(ランラン)は皆クール属性のアイドルだったので、
明るい曲だけどカラッとした爽やかさが出てた感じがしたんだけど、
このバージョンは皆キュート属性なので、フワッとした可愛さが出てる感じがする。
それで、Bメロでかな子が歌う「ほ~ら♪溢れ~る~♪」の部分が、包み込むような歌声で物凄く好き。
今までに出た『夕映えプレゼント』の中では、このキャンディーアイランド版が一番好きだな。

03. ボーナスドラマ「マジックアワー CANDY ISLAND特別編」
出演:双葉杏(五十嵐裕美)、三村かな子(大坪由佳)、緒方智絵理(大空直美)、プロデューサー(武内駿輔)、ディレクター(髙坂篤志)
ラブライカ・ローゼンブルクの時と同じく、武内Pアイドルにラジオのディレクターを紹介する場面からスタート。
……なんか『夕映えプレゼント』と武内Pがセットのイメージになって来たな。
もし14人版がCD化されたとしても、その直後に武内Pの「こちらが、このラジオ番組を担当しているディレクターの方です」という台詞が無かったら物足りなさを感じてしまいそう。

それでマジックアワー本編の方はと言うと、
かな子と智絵理ちゃんが「なんでやねん」というツッコミを覚えたおかげで、
杏の「楽したい・印税生活したい」という台詞がちゃんとネタとして昇華出来てるね。
きらりじゃなくても、ちゃんとあんずを操縦出来るなんて……この3人ええトリオや。
それと、番組内で紹介された3通のメールのラジオネームってこの3人それぞれをイメージしたものだよね。芸が細かいわ。
あとオチのかな子でメチャクチャ笑ったwwwww

『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 04 Happy×2 Days』 TSUTAYA購入特典 カードカレンダー

……ちゃんとツタヤで買ったのに付いてこなかったよ!?
今回フラゲじゃなかったからか!?それともエイプリルフールだから!?

というか、そういえば今日はエイプリルフールでしたね。
アイマスでもミリオンで「765プロに新たなアイドルがデビュー!?」とかシンデレラで「ダイスDEシンデレラ2」とか、一日だけなのに気合の入った企画をやってましたけど、
SideMの「事務員総選挙」でメチャクチャ笑いましたよwwwwwwwwww

内田さんが書いた山村賢のイラストは覚悟して見ても吹くのに不意打ちで出してくるだなんて!!!!!
さらに投票結果でこの山村賢がブッチギリで一位だなんて!!!!!!!!!!

なんか、もう、このイラストがあればハッピーハッピーデイズを過ごせそうだわ。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

無料ブログはココログ