« アニマス第15話感想 | トップページ | アニマス第16話感想 »

2015年11月 2日 (月)

『SideM ST@RTING LINE -05 W / -06 S.E.M』

Sl0506ダブルとセムのCDの感想。

『THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -05 W』
歌:W [蒼井享介(山谷祥生)、蒼井悠介(菊池勇成)]

01. VICTORY BELIEVER
一言で言うとなんだかサッカーっぽい曲。
「Kick Off!」とか「つかめVictory!」とか歌詞もそうだけど、音もサッカーっぽさが出てる気がする。
元サッカー選手の二人らしいテンションの上がる応援歌ですね。

02. Drama part 1 ~W~
ドラマパートその1。2人が「享介・悠介のツインズ・リトル・ジャーニー」という番組の収録をするという内容。
バイト・ハイジョのドラマパートでもCMやラジオの仕事をしてたけど、Wは単発ではなくテレビのレギュラー番組みたいでちょっと驚いた。
あと、この二人声が似てて中々聞き分けが難しいなあ……
まあ性格は割りと違うから、何となくドッチが話しているかは分かるんだけど、いざという時に気が合うのはやっぱり双子だなあと。

03. Pleasure Forever...
曲調的には『VICTORY BELIEVER』を少しテンポ落としたような感じなんだけど、
歌詞がより双子の絆に焦点を当てたような内容で、そこで差別化しているような印象。
ジュピター・ドラスタ・バイトは同じユニットでも明るい曲とシリアスな曲を歌ってたけど、
Wはどちらも明るい曲だから、ユニット自体がS.E.Mと対比されているような気がする。

04. Drama part 2 ~W & S.E.M~
出演:蒼井享介(山谷祥生)、蒼井悠介(菊池勇成)、硲道夫(伊東健人)、舞田類(榎木淳弥)、山下次郎(中島ヨシキ)
ドラマパートその2。現役高校生の芸能人を集めて学力試験をさせるという内容の番組に出る事になったWがS.E.Mに勉強を教えてもらうという内容。
その仕事は玄武くんに回した方がいいんじゃ……
やっぱりセムの3人って事務所でも「先生」と呼ばれてるんだ~と思ったら、「そういえば先生達って本物の先生だったんですよね?」(享介)って……
あと、率先して勉強を教える道夫さんとまいたるに比べると、乗り気でない次郎ちゃんだけど最後には結局教えてて、ナンダカンダ言ってお人好しねえって思った。

05. DRIVE A LIVE (W ver.)
2人の声が似すぎてて、「オーオッオー」とか「いつだって Drive a Live」とか
あれ……声が二重に聞こえる……?って感じなんだけど、
これまでの『ドアラ』が全部3人以上で歌ってたから、2人だと何だかスッキリしているように感じる。


『THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -06 S.E.M』
歌:S.E.M [硲道夫(伊東健人)、舞田類(榎木淳弥)、山下次郎(中島ヨシキ)]

01. ∞ Possibilities
ジャケットイラストと同じくサイバーで派手派手な曲……ていうかセムの衣装何度見てもスゴイよね。
まあ衣装の話は置いといて、曲はスゲーカッコイイ!
タイトル略したらどうしても『インポ』になるけど、曲はスゲーカッコイイ!!!
やっぱり衣装見るとスゲーなって思っちゃうけど、曲はスゲーカッコイイ!!!!!

02. Drama part 1 ~S.E.M~
ドラマパートその1。高校の文化祭のステージに立つ事になった3人が本番前のリハーサルをしているという内容。
元教師が、さらに言えば文化祭に来たジュピターのステージを見て転身した3人が、
今度はアイドルとして文化祭のステージに立つって言うのなんだかいいなあ。
315プロのアイドル達ってシリアスな過去を持っている人も多いからか、
ゲームのイベントだとあまり前職・兼職の内容が活かされていないように感じるんだけど、
セムは元教師っていうのが活かされている場面が多くていいなあと思う。

03. Study Equal Magic!
『∞ Possibilities』と同じくサイバーでエレクトロな曲なんだけど、
こっちは教師だった時の担当教科である化学・英語・数学を活かしたキレッキレの歌詞が印象的。
ていうか曲がどっちもインパクトだけじゃなくてちゃんとカッコよさもともなってるから、セムPになってしまいそうで困る。

04. Drama part 2 ~S.E.M & W~
出演:硲道夫(伊東健人)、舞田類(榎木淳弥)、山下次郎(中島ヨシキ)、蒼井享介(山谷祥生)、蒼井悠介(菊池勇成)
ドラマパートその2。S.E.MとWが事務所の掃除をするという内容。
山下「こういうのって清掃会社とか事務員とかがするもんじゃないんすかねえ」
硲「この散らかり様はそうやって皆が目を逸らした結果だ。山村君には清掃及び整理整頓の許可を得ている。安心して取り組んでほしい」
山下「その許可を出した事務員は何処で何をしてるのやら」
言われてんぞ山村ァ……
あと、悠介がお菓子のレシピやケーキの写真集、見た事ない字が書かれている本を見つけてたけど、
これっておそらくカフェパレの荘一郎、巻緒、アスランの私物だよね。
さりげなく話題が出てくるって事は……?

05. DRIVE A LIVE (S.E.M ver.)
315プロの中で最も平均年齢の高いユニットだからか落ち着いた印象。
「315!」の掛け声低っ!って驚く面もあるんだけど、こういうのも味わいがあっていいような気がする。

« アニマス第15話感想 | トップページ | アニマス第16話感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490664/62139301

この記事へのトラックバック一覧です: 『SideM ST@RTING LINE -05 W / -06 S.E.M』:

« アニマス第15話感想 | トップページ | アニマス第16話感想 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

無料ブログはココログ