« 『LIVE THE@TER DREAMERS 02』 | トップページ | スマブラ for 最後の特別番組 »

2015年12月15日 (火)

『MASTER ARTIST 3 12 双海亜美 / 13 秋月律子』

Ma31213

『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 12 双海亜美』
歌:双海亜美(下田麻美)

01. トリプルAngel (M@STER VERSION)
真美の『放課後ジャンプ』も中々にぶっ飛んだ曲だったけど、さらに凄い曲が来るとは予想外だったわwwwww
サビからして「パパッとピピッとププッと パヤパヤパー」だもんwwwww
全体的にネジが外れてるけどさ、
1番で「今は手ノリのヒヨコでも (ピヨピヨ) 10年後は ボンッ キュッ ボンッ」だった所が
2番で「オトナになったアタシを見て (コケコッコー) 本気出せば ボンッ ボンッ ボンッ」になってるのが一番笑ったwwwwwwwwww

02. コーヒー1杯のイマージュ
前曲とは打って変わって、カフェで流れてそうなオシャレで落ち着いた曲。
亜美のソロバージョンでもやっぱこの曲好きだわ。

03. YATTA!
2001年に発売されたはっぱ隊の曲のカバー。
正直『MA3』シリーズの中で一番衝撃的なカバー曲。
「葉っぱ一枚あればいい」ってよくねえよwwwww

04. 贈る言葉
1979年に発売された海援隊の曲のカバー。
このCDぶっ飛んだ曲と落ち着いた曲が交互に来て非常に戸惑います。
他の曲ではあんなにはっちゃけてたのに、いつものとかち節を抑えてこの名曲を歌いこなせるのがスゲー

05. Good-Byes (M@STER VERSION)
前曲とは別れの歌というのが共通しているけど、『贈る言葉』が去る人を寂しく見送る曲なら、
コッチは明るく去っていくような曲。
亜美の跳ねるような歌い方で曲が持つ明るさがさらに増していて聞いてるだけで元気になってくる。

06. トリプルAngel (M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
あれ?ファミソンかな?って感じのピコピコした電子音が特徴的で、音だけ聞いても楽しい。

07. ONLY MY NOTE (M@STER VERSION)
下田さん一人二役だから他の人と比べて2倍収録しなきゃいけないだけでも大変なのに、
こうやって同じ曲でも亜美と真美で歌い分けなくちゃいけないって本当に重労働だよなあ……
そして聞き比べてみると、割とストレートに歌ってた真美に対して、
亜美はちょっとだけくずしてハジけた歌い方になってるのがちゃんと分かるようになってて、ホント下田さんスゴイ。


『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 13 秋月律子』
歌:秋月律子(若林直美)

01. 私だって女の子 (M@STER VERSION)
爽やかなガールズロックって感じの疾走感のあるサウンドと、恋に向かって全力疾走って感じの歌詞がピッタリ合ってるから、聞いてて気持ちいいね。
りっちゃんって意外とこういう女の子女の子してる歌詞が多い所カワイイんだよなー
でも「君の偉そうで卑屈な態度 嫌いじゃないけど押しが弱いよ」って自分の事でしょって思ったw

02. 愛 LIKE ハンバーガー (M@STER VERSION)
アイマスの中でも屈指のヘンテコソングだよね。
(『あんずのうた』『メルヘンデビュー』あたりはヘンテコ通り越して電波ソングだよね)
りっちゃんソロだとセリフ部分が大げさでワザとらしい位に感じるんだけど、それがなんだか逆にクセになってくる。

03. Diamonds
1989年に発売されたプリンセス プリンセスの曲のカバー。
プリプリだー!
『私だって女の子』もだけど、りっちゃんこういうガールズロック似合うなあ。

04. 桜色舞うころ
2005年に発売された中島美嘉の曲のカバー。
このCDの中では唯一のしっとりしたバラード。
春を連想させるようなタイトルであるけれども、曲の中では春夏秋冬巡りまた春に戻って、
「桜色 舞うころ 私はひとり あなたへの想いを かみしめたまま」っていう歌詞がホント切ない……

05. Good-Byes (M@STER VERSION)
亜美もりっちゃんもしっとりした別れの曲の後に『Good-Byes』持ってくるのズルくない?
CDでこの曲を歌った4人の中では、りっちゃんが一番切なさの割合が少なくて明るいように感じる。
キャラ的にはやよいとか亜美とかの方が明るい感じがするのに。

06. 私だって女の子 (M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
やっぱりこの明るいバンドサウンドがいいねえ。
この曲もちろんCD音源でも楽しいんだけど、
ライブでバンドの生演奏なんかしちゃったらとんでもない事になりそう……見たい……聞きたい……
神様お願いします!(天に祈るという意味でも若林さんに頼むという意味でも)

07. ONLY MY NOTE (M@STER VERSION)
ああー!りっちゃーん!
こういうアイマスらしい曲って皆で歌ってるのもいいけど、担当アイドルがソロで歌ってるのもまたいいよね。
アイドル業したりプロデューサー業したりしてるりっちゃんだから、「新しい世界へ 信じて飛び出そう」という歌詞がより染みるなあ。


『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3』シリーズ第4弾4タイトル購入特典

・Good-Byes (M@STER VERSION) (やよい・あずさ・亜美・律子リミックス)
歌:高槻やよい(仁後真耶子)、三浦あずさ(たかはし智秋)、双海亜美(下田麻美)、秋月律子(若林直美)
元々この曲好きだったけど、4人で歌ってるこのバージョンが一番気に入った。
『MA3』シリーズの購入特典で『キミ*チャンネル』、『99 Nights』、『静かな夜に願いを…』、『Good-Byes』を
それぞれ3~4人で歌ったバージョンが配信されたけど、
この曲が一番、多人数で歌った事でより曲の魅力が引き出されている気がする。

« 『LIVE THE@TER DREAMERS 02』 | トップページ | スマブラ for 最後の特別番組 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490664/62947312

この記事へのトラックバック一覧です: 『MASTER ARTIST 3 12 双海亜美 / 13 秋月律子』 :

« 『LIVE THE@TER DREAMERS 02』 | トップページ | スマブラ for 最後の特別番組 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ツイッター

無料ブログはココログ