« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の15件の記事

2016年3月30日 (水)

チョコエッグとかりえしょんとか

Ce008

最近は毎日チョコエッグを買っております。
昨日はピッピ、今日はニンフィアが手に入ったよ!

Ce009
ピッピは身体と両腕、背中の翼2枚、尻尾と細かく6つのパーツに分けられてたよ。

Ce010
翼と尻尾を付ける前の背中がムンクの叫びみたいで怖い。

Ce011
一方、ニンフィアは頭と身体の2つだけだった。
ニンフィアの細かいリボンみたいな部分って立体化する時に大変そうだと思うんだけど、コレは小さいけどしっかり作られている印象。

それにしてもカワイイ系のポケモンばっかり手に入るなあ。
この調子で飛び切りカワイイソーナンスさんも私の元に来てくれませんかねえ。


ところで話は変わりますが、昨日の『中居正広のミになる図書館』に声優のりえしょんこと村川梨衣さんが出ていましたね。
私、事前にこの事を知らなくて、ボケーっとテレビ見てたら突然りえしょん出てきてめっちゃビックリしたよ!

ホント、そのまんまミリオンライブの亜利沙ちゃんだなーって感じのハイテンションっぷりでしたけど、
テレビのバラエティ番組は初めてという事もあり、本人も周りも慣れてないなーって感じが。
ただ、「春先に出てくるタイプ」とか「バラエティ早かった」とか突っ込まれてたのは面白かったwww

これからもりえしょんがバラエティ番組に出るのかどうかは分からないけど、
テレビに慣れて本人のキャラクターも認知されるようになったら、もっと面白い事になりそうな気がするw

それにしても、デレステのCMに出た中居くんが今度は(シンデレラではないけど)アイマス声優と共演するとはなあ……
デレステの新CMにもまた出るみたいだし、中居くんとアイマスの関係はまだまだ続きそう。

2016年3月28日 (月)

チョコエッグとか綾鷹とか

Ce001

『チョコエッグ ポケットモンスターXY&Z』を買ってきたよー!
まさかパッケージにソーナンスが描かれているとは思わなかったので、お店で見つけた時ビックリしたよ。
キリッとしたメガルカリオ・サトシゲッコウガの横でのほほんとしているソーナンスめっちゃカワイイw

Ce002
中にはオレンジ色のタマゴが。

Ce003
そして包み紙の中にはチョコレートが。

Ce004
\パッカーン!/
さらにチョコの中にはカプセルが。
手で割ったにしてはキレイに真っ二つに出来たぜ。

Ce005
最後にようやくカプセルの中からフィギュアが。
今回はピカチュウが当たりました。

別にチョコエッグに限った話ではないけど、
小さいカプセルに入れる為にフィギュアを分割している場合、ゴロンと首とか腕とかが出て来て一瞬ビビるよね。

ソーナンスのフィギュアもこのピカチュウみたいに首とか尻尾とか分割されてるのかな……?
(そもそもソーナンスの首とは……?)

Ce006
組み立ててみました。
3パーツだけなので組立図を見なくても簡単に完成します。

なんとなくこのピカチュウ、かしこそうな気がする。

Ce007
ラインナップは13種+シークレット1種。
どういう基準で選ばれたのかよく分からない人選というかポケ選。
『XY&Z』と言っても、別に今のアニメに出てるポケモンばかりという訳でもないし、
ラティオスやエーフィ等、コンビの印象が強いポケモンが1匹だけ出てるというのも珍しいし……
なんか、担当者の好みのポケモンを揃えたのかな?って感じ。

とりあえず、ソーナンスが出るまでチョコエッグを買い漁っていきたいと思います。


Nigorihonoka
あと、綾鷹の新製品が出ていたので買っちゃった。
『綾鷹 にごりほのか』だって。

去年の夏に出た『綾鷹 まろやか仕立て』も同じく綾鷹の苦み・渋みを抑えた製品だったけど、
『まろやか仕立て』は普通の綾鷹に慣れてるとちょっと薄く感じたのに対して、
今回の『にごりほのか』はあんまり薄いって感じはしなくて、でもちゃんと後味がスッキリとしてる。

まあ私は綾鷹大好きだから、むしろもっと濃くしてもイイよって位なんだけど、
スッキリ飲める『にごりほのか』も悪くないなって思います。

2016年3月27日 (日)

SSAライブ感想

あー!KAT-TUNのベスト見聞きしてるけど、めっさ良いなー。
改めて聞くとどの曲も好きだし、新曲の『君のユメ ぼくのユメ』は聞き込むごとにドンドン沁みてくるし、DVDは10年間の変化と成長が感じられて楽しいし。
中々感想は書けそうに無いので、先に別の感想を。

先週、ニコ生で『THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014』のブルーレイ映像がノーカットで放送されましたね。
2日とも4時間以上あったので見るだけでもかなり時間がかかりましたけど、本当に楽しかった。
以下、印象に残った事を箇条書きで感想。

1日目

・やっぱ『THE IDOLM@STER』のイントロってスゲーワクワクする。
・キングの『Mythmaker』がめっちゃドス効いててもはやあずささんではない気がするけど、スゲーカッコイイ。
・『Rebellion』(ぬー)→『Mythmaker』(キング)というカッコイイ曲2連発の後に、『ビジョナリー』で一気に雰囲気を変えて全部持っていく下田は天才。
・信号機トリオの各色3人で歌う『The world is all one !!』(赤)、『MEGARE!』(黄)、『MUSIC♪』(青)がこのライブのテーマである「繋ぐ」を表してるのスゲー良いな。
・あいみんの『流星群』弾き語りめっちゃカッケー!
・あずみんの『ALRIGHT*』前の「いえーい!」ってアニメの再現だよね?良いなあ。
・『エージェント夜を往く』のメンバーにあさぽん入ってるのって「とかちつくちて」がやりたいだけだった感。
・ジュピターの『Alice or Guilty』やDSの『"HELLO!"』もやってくれるの良いなあ。
・そして『Alice or Guilty』でもキングがドス効いててカッケー。
・『いっぱいいっぱい』でメガネかけてるはらみー美しすぎ。
・樹里きちの『空』はやっぱり『津軽レインボー』になるよなあw
・ゆきよさんの『アフタースクールパーリータイム』で最初ミンゴスも歌ってるのなんか面白いw
・くぎゅうの『my song』からミンゴスの『約束』までのバラードソーンやばいな。
・765の『M@STERPICE』の終盤でシンデレラ・ミリオンのメンバーも出てきて、そのままの流れで『IDOL POWER RAINBOW』ってなんか良いな。
・『IDOL POWER RAINBOW』って初めて聞いたけど割とスルメタイプの曲だよなあ。この2日間のライブでしか歌われていないのが勿体無い。

2日目

・サイパンスーパーアリーナ!
・ぬーの『Rebellion』が「真実の赤」で一気にサイリウム変わってて、1日目より進化してるプロデューサー達凄い。
・いぶいぶの『オリジナル声になって』で泣いてるのにグッと来る。
・『あんすのうた』(ゆきんこさん)→『おねだりShall We~?』(なつ姉)→『メルヘンデビュー!』(まりえってぃ)というキュート3連発すげえ。
・『arcadia』やら『Nation Blue』やらカッコイイ曲に入ってくるもよちーが、もはやみりあじゃない気がするけどカッコイイ。
・『"HELLO!"』でとまっちゃんが!アイマスの赤4人そろうのって圧巻だなあ……
・『約束』の最後でミンゴス以外の765メンバーも出てくるなんてねえ……
・舞台からはける時に「戸松遥でした」ではなく、1人でも「アイドルマスターディアリースターズでした」って言ってくれたのなんか良いな。

・あと、10thライブの映像がダイジェストと言いつつ結構な時間流れてたけど、アレでもまだまだほんの一部なんだよなあ……

という訳で、実際ライブに行きたくなるしブルーレイも欲しくなるし、物凄く贅沢な内容でした。
現在、ミリオン3rdライブツアーが開催されているけど、青森ではライブビューイングやってないんだよなあ。千秋楽くらいはどうになならないかなあ。
あと、765の11thやらシンデレラの4thやらSideMの2ndやらも楽しみにしてるんだけど、
早く発表してくれないとスケジュール詰まって、去年のシンデレラ3rdから1週間でSideM 1stみたいな事になりそうで怖い。

2016年3月26日 (土)

KAT-TUNとか315プロNightとか

昨日のMUSIC STATIONで田口くんを含めた4人のKAT-TUNとしては最後のパフォーマンスが放送されましたね。

4人で『Real Face』を歌った後、3人で『君のユメ ぼくのユメ』を歌うという内容でしたけど、
途中で上田くんがカメラに背を向けてしまった時は凄く心配になった。
あの時、目が真っ赤だったし必死に泣くの堪えてたんだろうなあ……
でも、田口くんと別れて3人で真っ暗な世界で歌い、曲が終わる頃には満開の桜が咲いてるって演出は凄く良かった。

まあ田口脱退に関して思う事は色々あるんだけど、赤西・田中と違って事前に脱退を発表して、
KAT-TUNの田口淳之介として、そして4人のKAT-TUNとしてちゃんとキレイに終われた事は本当に良かった。
田口くん今までお疲れ様でした!

……でもなー!やっぱり田口くん辞めちゃうもの活動休止しちゃうのも悲しいようわーん!(情緒不安定)
昨日で4人のパフォーマンスや冠番組の『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』(青森ではまだ放送されてないけど)は最後だったし、
今日はKAT-TUNの『TRAGEDY』がオープニングになってる『金田一少年の事件簿R』が最後だったし、
色々終わっちゃって寂しいなあ……

と思っていたら、2016年度の日テレ系野球中継イメージソングがKAT-TUNの新曲『BRAND NEW STAGE』だって!
これまで5年連続でイメージソング歌ってるけど今年は無理だろうなと思ってたから、これは嬉しい!

でも、まもなく活動休止するのに今新曲発表してもいつCD化になるんだろうか……
下手したら活動再開した数年後になるんじゃないかな……


ここで話は変わりますが、『アイドルマスターSideMラジオ 315プロNight!』が4月から1クール毎にパーソナリティーを交代する事が発表されましたね。
先週の放送で重大発表があると言っていたので、ラジオ終わるとかゲーム終わるとか運営・開発してるオルトプラスが潰れるとか悪い方にばかり考えていたんだけど、
とりあえずそういう類の事では無かったので一安心。

……でもなー!やっぱりドラスタの事故トーク聞けなくなっちゃうの寂しいようわーん!(情緒不安定)

まあ情緒不安定は置いといて、4月からのパーソナリティーはハイジョとの事で、コレ自体は楽しみ。
今までの315プロNightってCD発売した時くらいしかドラスタ以外のメンバー出なかったから、もっと色んな人のトークを聞いてみたいし、
それに生放送じゃなく収録になるから、スケジュール合わせて色んな人が出演できる可能性が上がるだろうし。
(むしろあのドラスタのトークで収録から生放送に変えた事がビックリ)

4月は神速とカフェパレのCD出るし、ゲストでこの2組来てくれたら嬉しいな。
ただ、カフェパレはハイジョと合わせると10人になっちゃうから、スケジュールよりラジオブースの大きさの関係で全員は難しそうだなと思う。

あと、『ST@RTING LINE -04』のドラマパートでハイジョがラジオ収録やってたから、アレが実現するのかと思うと楽しみ。

2016年3月22日 (火)

10Ks!

みんなー!3月22日が何の日なのか知ってますかー?

そう!今日はKAT-TUNがCDデビューしてから丁度10周年なのです!おめでとうございます!
さらに今日はKAT-TUN初のベストアルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST "10Ks!"』が発売されました!おめでとうございます!!
さらにさらにこのベストアルバムがオリコンデイリーランキング1位を獲得しました!おめでとうございます!!!

まず、通常盤には今までに出した全シングル曲に加えて新曲『君のユメ ぼくのユメ』を収録!
この新曲はデビュー曲『Real Face』の作詞を手がけたスガシカオさんが再び楽曲提供してくれました!
ちなみに通常のアルバムだったら1枚3,000円程度しますが、このベストアルバムはCD2枚組27曲で2,800円(税別)とお求めやすい価格になっております!
なんと1曲あたりの値段は約104円(小数点第一位四捨五入)(税別)!
コーヒー1杯我慢すれば1曲聞けちゃう計算ですね!

次に、期間限定盤1には通常盤の内容に加えて、ハイフン(KAT-TUNファンの総称)の投票によって選ばれた15曲を収録した『Hyphen Selection』CDが付属!
その分価格は3,500円(税別)とお高くなりますが全42曲収録されていますので、1曲あたりの値段は約83円(小数点第一位四捨五入)(税別)とむしろ通常盤よりもコストパフォーマンスは高くなっております!

そして、期間限定盤には通常盤の内容に加えて、シングル26曲のミュージックビデオを収録した『KAT-TUN Video Clips』DVDが付属!
通常、2時間近い映像が収録されているDVDだけで考えても3,500円(税別)はかなり安い方なのに、さらにCDまで付いていると考えるとなんてお買い得なのでしょうか!

元々KAT-TUNが好きな方だけではなく、今まで知らなかったけどちょっと興味ある程度の人にも楽しめるベストアルバムになっていますので、皆さんぜひ手に取ってくださいね!

……。

何だか私らしくないダイレクトマーケティング全開の内容になってしまいましたが、実際KAT-TUNを知るには丁度良いアルバムだと思います。
ちなみに私は期間限定盤1と2を買ってきました。

歌詞ブックレットにはシングルのジャケット写真(どれも通常盤のもの)が使われているだけで、撮りおろしの写真が1枚も無いのは少し寂しかったけど、
ジャケットの「0」の穴が銃弾で撃たれたようになっているのはただのイラストだと思っていたら、スリーブケースや歌詞ブックレットの表紙・裏表紙が実際に穴が空いててビックリした。
CDやDVDもディスクの表面に描かれている「0」の丁度真ん中に穴が来るようになっていて、細かい部分でデザインに拘っているのは凄く良かった。
曲違いはないけど、余裕があれば通常盤も手に入れておきたいなあ。

CDやDVDの感想はちゃんと見聞きしてから書きます。

2016年3月21日 (月)

SideMとか立体ピクロスとか

いえーい!俺達の戦いはまだまだこれからだぜ!
(訳:SideMでオフショット円城寺さんが出ない)

ちくしょー!

今月のオフショットが円城寺さんだと発表され、
それまで貯めていたプラチナチケットを40枚使うも出ず、
担当アイドルが出ている訳でもないのにイベント走ってチケット集めて、
ようやく5%チケットと10%チケットが10枚ずつ貯まって一気に使うも、
円城寺さんどころかSRが1枚も出ない。

10%チケが10枚あれば単純計算で1枚はSR出るじゃん!?
でも正確に計算すると、1-((1-0.1)^(10))=0.6513215599でSR出る確率は約65%じゃん!?
だけどやっぱり単純計算で1枚はSR出るじゃん!?

まあSR出ない事については仕方ないと諦めるしかないね……
それより、今まで無課金勢としてコツコツと貯めてきたアイテムを今月だけで大量に消費しちゃったから、もうしばらくはイベント走らず貯蓄したい……
FRAMEは先月出たし神速は今出てるし、しばらくは担当アイドルのイベント無いとは思いたいけど……SideMはローテーションがおかしいからなあ……

神谷がカフェパレどころか今315プロに居る43人の中で唯一イベントの上位SR経験が無いアイドルになって、
信玄さんみたいにボイス実装と同時に上位イベント来るものだと期待してたら、何故か次のイベント上位は3度目のアスラン……
ていうか最近イベントにしろガシャにしろフィジカルSRばっかりじゃん!!

SideMはローテーションがおかしいくてバカヤロー!
ミリオンはライブ系のイベントとミニイベント重ねてきてバカヤロー!!
シンデレラもついでにバカヤロー!!!


話は変わるけどさ、ポケモンピクロスをクリアしてからは、『カタチ新発見! 立体ピクロス2』をチマチマ遊んでます。
「立体ピクロス」という名の通り縦と横だけじゃなく奥行きがあって、
さらにブロックを2色で塗り分ける必要もあり、通常のピクロスよりも結構難しい。

とりあえず難易度は一番低いマイルドで遊んでるんだけど、ブック40(No. 255)までクリアしてスタッフロールを見れたよー!
とはいえ、問題はさらに収録されてるみたいだし、全問クリアしたら難易度上げてまた挑戦し直したいし、まだまだ遊べそうですわ。

マイニンテンドー景品のトワプリピクロスを手に入れるまでには、とりあえずマイルドで全問クリアしておきたいなー!

2016年3月20日 (日)

ミリオンとか山猫とか

ミリオンでこんな時期にハロウィンイベントの復刻したのにも驚いたけど、
ライブ系イベントの真っ最中なのに、さらにライブ系のミニイベントまで被せてきたのにはもっと驚いた。

3rdライブツアーと連動してるミニイベントだけど、
前回・前々回はイベントとイベントの合間の何もない期間に行われたからちょうど良かったんだよね。
まあ、新規イベじゃなく復刻イベだからあまり走らない人もいるだろうって事で被せたんだろうけど……
せめてBP使わないタイプのイベントと被せてほしかった……

と、ここまで書いて思ったんだけど、もしかしてハロウィンだからキャンディをより多くむしり取ってやろうという事でライブイベ被せたんだろうか?


話は変わりますが、昨日でドラマ『怪盗 山猫』が最終回を迎えてしまいましたね。
最初は亀梨和也主演という事で見始めたんだけど、結構面白かったな。

まあ結局よく分からない点も色々あったけど、どんでん返しの連発には驚かされたし、
ギャグやらメタ発言やら『野ブタ』のパロディーやらの小ネタは何でもありで凄く楽しかった。
あと広瀬すずカワイイ。

ああ、好きなモノが終わる時って何とも言えぬ寂しさがあるなあ。
最近はあまりドラマ見てなかった事もあって余計に。

4月からもまた面白い番組始まるといいなあ。

2016年3月17日 (木)

ヒガンバナとかマイニンテンドーとか

昨日でドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』が終わっちゃいましたねえ。

最初は堀北真希主演というだけで見始めたんだけど、
色々ツッコミ所もありつつ基本1話完結の推理ものとして楽しませてもらいました。

ただ、主人公である渚の父親の死の真相が明らかになる7話で盛り上がりのピークを迎えてしまい、
その後は相対的に尻すぼみになってしまった印象。
いや、コッチが勝手にあれ以上の盛り上がりを期待してしまっただけなんだけどさ。

あと、キレイな終わり方にしたかったんだろうけど、尺が足りなくて最後に駆け足で詰め込んできたのが惜しいな。
前回から続いた事件の犯人がとうとう逮捕されて「私は悪くない!私は悪くない!」って叫んでる次のシーンが結婚式場って、いくらなんでも端折りすぎ!

あの最後のエピローグ的な話自体は、ありがちだけど悪くはないと思うから、
実際の放送時間的にも劇中の経過時間的にも、もう少し余裕があったら良かったのになあと思う。

まあ、最後の方はちょっと不満が残っちゃったけど全体的な印象としては、
無愛想でぶっきらぼうな役でもやっぱり堀北真希カワイイなって(結局ソレかい)


そして話は変わりますが、今日から任天堂の新しいサービスである『Miitomo』と『My Nintendo』が開始されましたね。

ミートモの方はスマホ持ってないけど、iPod touchである程度スマホのアプリ使えるから大丈夫かなーと思って事前登録してたら、
私の持ってるのじゃOS古過ぎてダウンロードすら出来なかったよ☆

でも、マイニンテンドーの方はパソコンで無事に登録出来たよ!

とりあえず、すぐにクリア出来るミッションとミートモの事前登録、元クラニン会員にサプライズで送られてきたポイント番号で、800ポイント貯める事が出来た。
だけどこれ以上はミートモ遊べないと貯めるの難しそうだな。週1回eショップとミーバースにログインするくらいしかミッション無いし……

あと、てポイントとの交換で出来るギフトに、
『マイニンテンドーピクロス ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』というオリジナルソフトがあったのは驚いた。
ピクロス好きとしては是非遊んでみたいんだけど、ポイントが足りない……

それと、クラニンと違って物的なグッズはなくデジタルコンテンツだけしかない割に、
ゲームだけじゃなく割引権やら追加コンテンツやら3DSのテーマやらミートモで使えるアイテムやら、意外と種類は多いなって思った。

ポイント貯めるのは大変だけど、これからさらにギフトが増えていくのが楽しみだな。

2016年3月16日 (水)

SSAライブとか315の日とか

【アイマスSSA】ニコ生一挙放送決定!

『THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014』の映像を全編ノーカットで放送って……気前良過ぎじゃない!?
さらには10thライブのダイジェスト動画も初公開と、惜しげもなく色々出してくれて嬉しいは嬉しいんだけど、かなりの長丁場だったSSAライブを2日分って見るだけでも大変そう。


【SideM】315の日!スペシャルニコ生をご覧頂き、ありがとうございました!

まずはファーストライブのブルーレイ発売決定!
ライブから約7ヶ月でブルーレイ発売ってアイマスではかなり早いなあ。
限定盤欲しいけど13,000円か……まあ他のアイマス作品に比べれば安いか。

次に2周年記念CD発売決定!
個人的に、少なくとも今居る14ユニット全員に声が付いてCD出すまでは、『ST@RTING LINE』以外の展開は始まらないと思ってたから、コレはビックリ。
ジュピター・ドラスタ・バイト・ハイジョ・ダブル・セムの中からどういう組み合わせになるのか楽しみだなあ。

さらにパッション爆裂!315CM大作戦!
CMに出る3人の衣装と台詞を投票で決めるというものだけど、投票するのに必要なアイテムが「パッション」って何なんだよ社長wwwww
私がシンデレラだとクールPなのにパッションぷちデレラばっかり集まって来るのは、SideMでこの社長のパッションパワーに当てられてるせいなんじゃないかって気がしてきた。

他にも、ラジオの公開録音第2回とか、漫画『理由あってMini!』とか、盛り沢山でしたね。

あと、ひとこと言いたいんだけど、一体チャオって何なのよwwwww

2016年3月14日 (月)

『LIVE THE@TER DREAMERS 04』

昨日

私「日付が変わったらミリオンでもホワイトデーキャンペーン始まって、りっちゃんにお返し出来るんだろうな」

今日

ミリオン「『絶叫ホリデー』ガシャ開始」
そこにはフリーフォールで絶叫するりっちゃんの姿が!

私(」゚ロ゚)」

いや、ちゃんとホワイトデーキャンペーンも開始されたけどさ、いかんせん絶叫りっちゃんのインパクトが強すぎて……

Whiteday

という訳で、遅くなったけどりっちゃんも参加している『LTD 04』の感想。


Ltd04

『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 04』

01. 765PRO LIVE THE@TER 福岡公演前日
ドラマパートその1。
ライブ前日に福岡入りしたアイドル達が街を観光するという内容。
もはや引率の先生みたいになってるりっちゃんを先頭に、皆で仲良く福岡の街を観光……と思いきや、翼が居なくなって皆大騒ぎ。
単独行動した翼を美奈子や紗代子、響が厳しく注意したところ雰囲気が悪くなり、りっちゃんの判断で観光をその場で切り上げホテルに向かう事に。
とりあえず、翼の代わりにハリセンでりっちゃんに叩かれる響が不憫。

02. 765PRO LIVE THE@TER 福岡公演4時間前
ドラマパートその2。
前日から翼とギクシャクしてしまったままのシアター組が、本番前に問題を解決しようとする内容。
朝ごはんをあまり食べてなかった美奈子の為に、翼がケータリングの焼きそばを大量に持ってきてて、いつもとは立場が逆転してるのが面白いw
この焼きそばの件をはじめ、翼が色々やってたのは皆の為だったという事を育ちゃんに指摘され、一方的に怒った事を反省するシアター組の皆。
りっちゃん・伊織・響があえて干渉せず、後輩達に自分達で問題を解決させ信頼を覚えさせるという流れが良いなあ。
最後には美奈子が作ったとんこつラーメンを食べてシアター組は仲直り。
朋花「可愛い子豚ちゃんが、こんなに美味しそうなラーメンになってしまいましたよ~」
この場合は本当に動物の子豚の事だよね……?作ってるのは美奈子だし……
あと、会場中にとんこつの匂いが漂ってしまった事について、関係ないのにりっちゃんに怒られる響が不憫。

03. Dreaming!
歌:秋月律子(若林直美)、伊吹翼(Machico)、エミリー スチュアート(郁原ゆう)、我那覇響 (沼倉愛美)、佐竹美奈子(大関英里)、篠宮可憐(近藤唯)、高山紗代子(駒形友梨)、天空橋朋花(小岩井ことり)、中谷育(原嶋あかり)、水瀬伊織(釘宮理恵)
『LTD』シリーズ共通曲。
私の担当であるりっちゃんがメンバーに居る事もあってか、今までの『Dreaming!』で一番好きかもしれない。
皆、全然違う声してるのに歌声が重なると一体感があるというか。

04. 深層マーメイド
歌:伊吹翼(Machico)×我那覇響 (沼倉愛美)
激しいロックサウンドに乗せて歌う大人のラブソング。
響はある程度どんな曲でも柔軟に対応できるけど、翼がこういう悲恋系のカッコイイ曲を歌うのって全然想像してなかったな。
でもしっかりと歌いこなしてる辺り、流石は美希の系譜といったところか。
サウンドだけじゃなく歌詞も全体的にカッコイイんだけど、サビのキメでの「視線で抱いて」がサイコーにゾクゾクする。

05. HELLO, YOUR ANGEL♪
歌:天空橋朋花(小岩井ことり)×中谷育(原嶋あかり)
個人的に今回のデュエット5組の中で一番どんな曲になるのか想像出来なかったユニットだったんだけど、曲調的にはだいぶ育ちゃん寄りの可愛らしいポップなマーチ。
でも、「天使さま」とか「聖なるしらべ」とか朋花様っぽいフレーズも入ってるし、
それに朋花様はソロ曲はシリアス系ばっかりだけど歌声自体は結構高めで可愛らしいから、こういう曲でも似合うなあ。

06. G♡F
歌:秋月律子(若林直美)×篠宮可憐(近藤唯)
まさかのアメリカンポップス的なガーリーでハイテンションな曲。
可憐ちゃんがこういう曲歌うとは思ってもいなかったし、
りっちゃんにしても女の子らしい曲は結構あったけど、ここまでガーリーに振り切った曲はなかったし。
ドラマパートで福岡なのにハリセン持って来たりっちゃん位の意外性だったけど、この意外性にすっかりハマってしまった。
特に間奏の「でも…そんなところも好きなんだけどネ♡」というりっちゃんのセリフがあああああんんんんんっふ。

07. little trip around the world
歌:エミリー スチュアート(郁原ゆう)×水瀬伊織(釘宮理恵)
伊織ソロの『プライヴェイト・ロードショウ (playback, Weekday)』系統のオシャレポップス。
前に『Sentimental Venus』で一緒のユニットになってたから声の相性が良いのは分かってたし、
スーパーマーケットでの買い物を小旅行に例えた歌詞もオシャレでカワイイなあ。

08. Melody in scape
歌:佐竹美奈子(大関英里)×高山紗代子(駒形友梨)
キラキラしたポップバラード。
この2人のユニットだったら絶対熱い曲になるだろうなと思ってたからバラードが来たのは意外だったんだけど、
2人の力強い歌声にはしっかりとした情熱が感じられて、聞いてみたら非常にらしい曲だなって思った。

09. 765PRO LIVE THE@TER福岡公演終演後
ドラマパートその3。
ライブ終了後の模様を描いた内容。
ここで、ラーメンの材料を用意しておいたのはりっちゃんで、美奈子がラーメンを作ったのもりっちゃんの狙い通りだった事が判明する。
「知らないフリをしようと思って」というだけで、散々怒られた響がホント不憫wwwww
そして昨日観光出来なかった分、今日観光しようと言い出した翼の案にノリノリで賛成するりっちゃんに対して
響「律子って翼には甘くないか?」
伊織「美希が手間のかかる娘なら、翼はさしずめ孫ってことなのかしらね」
響「律子お婆ちゃん」
等と散々な感想を述べる2人。
響め!俺のりっちゃんを律子お婆ちゃんだなんて言いやがって!(律子お婆ちゃんクソワロタwwwww)


という訳で『LTD 04』の感想でした。
なるべく早いうちに『05』の感想も書いちゃいたい。

2016年3月12日 (土)

『MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny』

Ma3f1

『MA3』シリーズの最後を飾る『Destiny』の感想。

『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny』
765PRO ALLSTARS [天海春香(中村繪里子)、星井美希(長谷川明子)、如月千早(今井麻美)、高槻やよい(仁後真耶子)、萩原雪歩(浅倉杏美)、菊地真(平田宏美)、双海亜美/真美(下田麻美)、水瀬伊織(釘宮理恵)、三浦あずさ(たかはし智秋)、四条貴音(原由実)、我那覇響(沼倉愛美)、秋月律子(若林直美)]

[CD]

01. Destiny (M@STER VERSION)
歌:765PRO ALLSTARS
文字通り「フィナーレ」に相応しい集大成的バラード。
ゲーム『ワンフォーオール』をプレイしていない私でも聞いてて感動的な気分になるんだから、
ゲームプレイしてる人やプロデューサー暦長い人はもっともっと感動するんだろうな。
あと、『M@STERPIECE』や『アイ MUST GO!』も「これまでを踏まえた上でこれからも進んで行こう」という内容の歌詞だったけど、
この曲は特にCメロの「もし離れたって信じてるから 必ずまた逢える事を」って所が良いなって思った。
なんか昔ハマってたものに偶然また出逢って久しぶりに見聞きしたらやっぱ良いなって思う事、あるよね。

02. アルティメットアイズ (M@STER VERSION)
歌:玲音(茅原実里)
プロジェクトフェアリーの『オーバーマスター』しかりジュピターの『Alice or Guilty』しかり、ゲームでのライバルアイドルらしいロックナンバー。
玲音の前作『アクセルレーション』がタイトル通りアクセル踏み込んで加速していくような感じがしたのに対して、
この曲は今現在トップスピードで走り続けてる最中って感じがする。
また、曲自体もカッコイイんだけど、集大成的で感動的な『Destiny』の直後に雰囲気を一変させるこの曲を持ってくるのが、
何というか、過去を振り返るだけじゃなく新しい事を起こして前に進んでいくよ!みたいな感じがして良いなって思う。

[Blu-ray Disc Audio](初回限定盤のみ)

01. Destiny (M@STER VERSION)
歌:765PRO ALLSTARS
02. アルティメットアイズ (M@STER VERSION)
歌:玲音(茅原実里)
03. ONLY MY NOTE (M@STER VERSION)
歌:765PRO ALLSTARS
04. Destiny (M@STER VERSION) 天海春香ソロ・リミックス
歌:天海春香(中村繪里子)
05. Destiny (M@STER VERSION) 星井美希ソロ・リミックス
歌:星井美希(長谷川明子)
06. Destiny (M@STER VERSION) 如月千早ソロ・リミックス
歌:如月千早(今井麻美)
07. Destiny (M@STER VERSION) 高槻やよいソロ・リミックス
歌:高槻やよい(仁後真耶子)
08. Destiny (M@STER VERSION) 萩原雪歩ソロ・リミックス
歌:萩原雪歩(浅倉杏美)
09. Destiny (M@STER VERSION) 菊地真ソロ・リミックス
歌:菊地真(平田宏美)
10. Destiny (M@STER VERSION) 双海亜美/真美ソロ・リミックス
歌:双海亜美/真美(下田麻美)
11. Destiny (M@STER VERSION) 水瀬伊織ソロ・リミックス
歌:水瀬伊織(釘宮理恵)
12. Destiny (M@STER VERSION) 三浦あずさソロ・リミックス
歌:三浦あずさ(たかはし智秋)
13. Destiny (M@STER VERSION) 四条貴音ソロ・リミックス
歌:四条貴音(原由実)
14. Destiny (M@STER VERSION) 我那覇響ソロ・リミックス
歌:我那覇響(沼倉愛美)
15. Destiny (M@STER VERSION) 秋月律子ソロ・リミックス
歌:秋月律子(若林直美)
ブルーレイオーディオにはCDに収録されている2曲に加えて『ONLY MY NOTE』、さらにはボーナストラックとして『Destiny』のソロバージョン12人分を収録。
何となくCDより音質が良いような気がする(そしてブルーレイオーディオ聞く度に同じ事言ってる気がする)
あと、『Destiny』のソロバージョン入れてくれるのは嬉しいんだけど、CDじゃないから気軽には聞けないのがちょっと残念……りっちゃんソロの『Destiny』メッチャ好きなのに。

という訳で、『Destiny』の感想でした。
『MA3』シリーズはこれで終わってしまったけど、ゲームは『プラチナスターズ』の発売が決まっていて既に『Happy!』という新曲が発表されているし、
また遠くない内に新CDシリーズ始まりそうで楽しみにしてます。

 

2016年3月 8日 (火)

KAT-TUN『UNLOCK』

あのさあ!!こないだの『山猫』どうなってるの!?
勝村の正体がカメレオンで山猫を撃つって!!

中盤までは皆で勝村の誕生日を祝ってて何か良い感じだったじゃん!
山猫と勝村で『青春アミーゴ』踊っててさ、6話で堀北真希がゲスト出演した時の「野ブタパワー注入」「バイセコー」に続いて、
『野ブタ』世代を懐かしさで殺しにかかってる~!って思ってたら、
終盤で勝村が山猫を殺しにかかったよ!

まあ頭とか心臓とか急所は狙ってなかったし、最終回前に主人公死んじゃったら話が進まないだろうし、
次回予告の内容的にも山猫は生きてるんだろうけど。

刑事の関本が山猫サイドの人間だった事が判明した時も驚いたけどさ、この勝村の裏切りはそれ以上にビックリだよ!
今までのポンコツっぷりはワザとだったのかよ……
一体どんな結末を迎えるんだこのドラマ……

という訳で、主題歌の感想。


KAT-TUN『UNLOCK』

[CD]

・『UNLOCK』(共通)
日本テレビ系土曜ドラマ『怪盗 山猫』主題歌
ドラマの世界観に合わせつつ、KAT-TUNらしさど真ん中を貫いたようなロックナンバー。
毎週『山猫』を見ている内に、ドラマと共にドンドン引き込まれていった。
そういえばシングル曲では久しぶりにヒューマンビートボックスが入っているけど、『不滅のスクラム』以来かな?

・『雨に咲く哀、夜に泣く藍』(初回限定盤1)
過去にもイワツボコーダイさんは『in the DARK』や『Birds』で制作に関わっていたけど、
それらの曲よりさらにメロディアスさと切なさを研ぎ澄ましたようなミドルナンバー。
タイトルからして期待してたけど、それ以上でしたわ。

・『GREATEST JOURNEY』(初回限定盤2、通常盤)
TBS系『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』オープニング曲
最近のKAT-TUNの中では1つ抜けてポップで明るい曲。
……なんだけど、曲にしろ詞にしろタイアップ先との関係にしろ、明るいのに何だか切なさを感じてしまう。
「EVERYBODY ずっと 駆け抜けてこう」という歌詞の内容が何だかいいよね。

・『HONESTY』(通常盤)
アルバムやライブの本編最後の方で歌ってそうな、キラキラして壮大なミドルバラード。
何だか年齢を重ねていくごとに、ミドル・バラード曲の魅力が増しているように思う。

・『JET』(通常盤)
『RAY』とか『FEATHERS』とか、ザ・KAT-TUNって感じのゴリゴリでカッコイイ曲の最新版。
どっしりした重いビートと広がってくようなスペーシーなサウンドが混ざり合ってるのが何だか凄え。
この曲に限らず、今回の新曲はみな今までのKAT-TUNの曲をさらに突き詰めた・進化させたような曲ばかりで、
改めて田口脱退・活動休止が惜しく感じてしまうな……

[DVD]

・『UNLOCK (ビデオ・クリップ+メイキング)』(初回限定盤1)
ビデオク・リップは大きく分けて4人全員でのダンスシーンと、巨大な唇のセットの前でのソロシーンの2つで構成。
ダンスシーンは映像が白黒になってるし、そもそも衣装は真っ黒だしソロシーンのセットは真っ白だし、全体的にモノクロでスタイリッシュな印象。
だけど、ダンスシーンで4人が消えたり現れたり増えたりするのはメチャクチャインパクトがあった!
カメラのアングルもドンドン変わっていくし、スゲービックリ。

そしてメイキング。
中丸くん曰く「今日はあの……まだ1月の……上旬、中旬には入ってないか」という時期らしい。大体8日~10日辺りかな?
収録日を知った所で何かあるって訳じゃないんだけど、なんとなく嬉しいような気がする。

歌詞の"SERVES YOU RIGHT!"は「ざまあみろ」みたいな意味、
"PEEK A BOO"は「いないいないばあ」で、上田くん曰くボクシングには「ピーカブースタイル」というものがあるらしい。
KAT-TUNの世界一タメになるメイキング。

スプレー缶とキャッチして背面で投げるシーン。
亀梨「いつもゴミ捨てる時と一緒だから」
昨日の『しゃべくり』でもその話してたねw

ダンスシーンで使ってるカメラが随分デカくてゴツいなと思っていたら、亀梨くん曰く「世界で3台しかない、日本で1台しかない」らしい。
それであのインパクト大なダンスシーンが撮影できる訳か!

田口「ラスツ!」
いや、これで田口くん最後のシングルって意味じゃなくて、単にソロシーンの撮影の順番が最後だったって事なんだろうけど……
相変わらず「田口くん辞めないで~!」というファン心理を悪気なく抉ってくるな……

今回、田口くんに限らず他のメンバーも4人での最後のシングルという事には触れず、
最後に一人ずつ曲やMVの感想を言って、いつも通りサラッと終わっちゃったな……

と思ってたら、中丸先生のヒューマンビートボックス講座が始まった。
前回はお休みというか自習時間のつもりだったらしいんだけど、
前々回(『KISS KISS KISS』)から前回(『TRAGEDY』)まで何ヶ月開いたと思ってるんですか!?
11ヶ月ですよ!自習する時間は充分ありましたよ!実際自習するかどうか(出来るかどうか)は別として。
中丸「キュイ!キュイ!イェー!」
中丸「このスクラッチが出来るようになると、やっぱりビートボックスの表現としての幅が一段階上がると思いますね」
そして相変わらず教える気が無い!
そもそものやり方が分からないのにお手本だけ見せられても困ります!!
最終的には画面が小さくなってフェードアウトしていくというこのコーナーお馴染みの(?)オチで終了。

実際コレでヒューマンビートボックスを覚えられるかっていうと難しいと思うんだけど、メイキング恒例のミニコーナーとしては面白いから、
充電期間が終わってKAT-TUNが活動再開した時も、当たり前のようにこのコーナーも入っててほしい。

・『GREATEST JOURNEY (ビデオ・クリップ+メイキング)』(初回限定盤2)
タイアップ先の『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』のスタッフさんが制作していて、番組で共演している天の声(マッコイ斎藤)さんも出演。
ビデオは4人が天の声を追い掛け回すシーンと、スタジオのセットで踊るシーン、さらには『タメ旅』のロケで訪れた地で名所を観光するシーンで構成。
ここまで明るいMVって『WHITE』以来じゃない?そもそもMVで外出る事自体珍しいし。
『タメ旅』だと結構過酷なロケやってて、面白いだけじゃなくて大変そうだとも思うんだけど、
ここではただ単に観光してて楽しそうなのが印象的。
でもそれだけじゃなく、上田くんがタコ持って現れたり、最後は天の声の魔力(?)で4人が海女さんの格好になったり、それで怒った4人に仕返しされて天の声が海に落とされたり、
ちゃんと『タメ旅』的な小ネタを入れてきたのも面白かった。
それと、今回サビの振り付けがユニークで尚且つそんな難しいものでもないし、
映像的にもシーンの切り替えが少なくてじっくり見られるから、
皆で振り付け覚えて一緒に踊ろうぜ!って感じがした。

メイキングはいきなり大荒れの海が映し出されてビックリ。
1月某日、この冬一番の寒波と稀に見る暴風により極寒の江ノ島で撮影してたらしく、外での撮影中ずっと轟々と風の音が入ってる始末。
最初MV見たときは楽しそうって印象だけだったんだけど、2回目以降はよく見ると風で皆の髪の毛が荒ぶってて、
寒い中メンバーもスタッフさんもお疲れ様ですって気持ちになった。
田口「全体的に寒波、カンパなくてさ」
本当に寒い中メンバーもスタッフさんもお疲れ様ですって気持ちになった。
あと、風の音で全然声が聞こえないから、テロップ付けてくれたのはありがたかった。

続いてスタジオでのメイキングシーン。
上田くんのソロシーン撮影で「タコ持ってやるんじゃないの?」って聞いたり、中丸くんにカンチョーしたり、亀梨くんがスゲー自由人。
ていうか上田くんがタコ持ってたのは亀梨くんのアイデアだったのかよwwwww

マッコイさんが「PV撮ってる時だけ監督って呼ぶのやめて」って言った途端、皆して監督監督呼び出すカトゥーン。
亀梨「監督!編集っていつ位になります?」
マッコイ「えっとね、おととい……おとといじゃないや!」
動揺しすぎですよ監督wwwww

上田「監督!タコ必要あります?」
上田くんはあんまり乗り気ではないけど、スタッフさんはこの為に赤坂までタコを買いに行ったらしい。
そのスタジオから赤坂までどれくらい距離があるか分からないけど、わざわざお疲れ様です。

いつもならメイキングの最後に一人ずつ曲やMVの感想を言って終わるんだけど、
今回は亀梨くん一人の感想しか入ってなかったのがチョット残念だなあ……

亀梨「ロケ行った時にも撮ったりとかしてたんで、何が使われてるか分からないんで楽しみにしてますね」
???「キュイ!キュイ!イェー!」
亀梨「……すいませんちょっと雑音が入っちゃって」
いや、一人じゃない。画面外に何か居るぞ……!

???「キュイ!キュイ!」
???・亀梨「「イェー!」」
最終的に亀梨くん気に入ったwwwww

全体的に面白かったんだけど、出来れば観光シーンのメイキングも入れてほしかったな。
特に軍艦島はタメ旅ロケ地ではないのに、「KAT-TUNを軍艦島に連れて行きたい。」からというだけで行ったみたいだし。

あと最後に4人での楽屋のコーナーやってほしかったけど、無理だったか……

[配信]

・『KAT-TUN SPECIAL MOVIE ジャニーズカウントダウン2015-2016 "KAT-TUNメドレー" (オリジナル・エディット)』(通常盤)
通常盤に付いているユーザーコード1つにつき1回だけ、コードを入力してから6時間以内なら何度でも視聴可能。
配信期間は2016年3月1日10:00~3月14日23:59まで。携帯電話・スマートフォン限定。

内容は『僕らの街で』~『In Fact』~『KISS KISS KISS』のメドレー。
どれも短めのイントロ+サビだけで、3曲合わせても3分ない位の長さなんだけど、
ジャニーズカウントダウン放送されない地方民としてはこれだけでも嬉しいなあ。
ただ映像自体は良いんだけど、コード1つにつき1回のみでしかも携帯・スマホからしか視聴出来ない仕様なのはちょっと残念。


という訳で、KAT-TUN『UNLOCK』の感想でした。
まあ色々な思いはありますが、何はともあれ田口くん最後のシングルお疲れ様でした!

あと、今日はベストアルバムの収録内容が発表されましたね。

http://www.johnnys-net.jp/page?id=discoDetail&dataId=2611

まず全種共通のディスク1~2には、シングル26曲と新曲を収録。
その新曲『君のユメ ぼくのユメ』は……なんとスガシカオさんが作詞・作曲!
デビュー曲『Real Face』以来の楽曲提供ありがとうございます!

次に、期間限定盤1収録の『Hyphen Selection』
とりあえず『BOUNCE GIRL』のCD化ありがとうございます!
選曲はファン投票となるとやっぱりKAT-TUNらしいカッコイイ曲ばかりになるんじゃないかと思ってたのに、
(実際私もカッコイイ系の曲ばかりに投票した)
明るめの曲が結構選ばれていたのは意外だったな。
ファン投票ベストって必然的にコアファン向けの選曲になる事が多いけど、
カッコイイ曲だけじゃなく明るい曲や、ドラマ・CMタイアップの付いた曲も収録されていて、
初めてKAT-TUNに触れるような人にも聞きやすい内容になってるんじゃないかな。

あと「リクエストの多かった15曲を収録」と書いてあるけど、実は順位に関して何も書いてないんだよね。
ただ発売順でもないし、1枚のCDとして流れを考慮して順番決めた訳でもなさそうだし(『YOU』→『RAY』の流れとか面白すぎる)、やっぱコレが投票順なのかな?
だとしたら一番最後の締めに『Peacefuldays』来たのはスゲーミラクルだなって思う。

そして期間限定盤2収録の『KAT-TUN Video Clips』はシングル26曲のMVを収録。
カップリングやアルバム曲でも色々MV作ってるから、それらが収録されなかった事はちょっと残念だけど、
『SIGNAL』MVの初商品化と、今までのMVが一気に見られるのは嬉しいな。

そういえば、CDって大概水曜発売日なのに前日の昼頃にはお店に並んでてフラゲ出来るけど、
このベストはデビュー日に合わせた結果、火曜発売になってるんだよね。
しかも前日の月曜日は祝日だし、こういう場合でもフラゲって出来るんだろうか……?

2016年3月 4日 (金)

ヒッキーとかニンダイとか

・ヒッキー

宇多田ヒカル「NEWS ZERO」テーマ曲を書き下ろし - 音楽ナタリー

マジで…!?
4月4日って朝はNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』主題歌、夜は『NEWS ZERO』テーマ曲と
2つも新曲が流れ出すなんて物凄いヒッキーフィーバーじゃん(?)

CDになるのか配信になるのか分からないけど、リリースが楽しみだな。


・ニンダイ

Nintendo Direct 2016.3.4|任天堂

スーパーマリオメーカーもスプラトゥーンも、発売から結構経ってるのに続々とアップデートしてくれるのが凄いなー

テラリアが面白そう。
マインクラフトもそうだけどさ、こういう自由度が高いサンドボックス系のゲームって何だかひかれる。

Newの方の3DS限定だけど、いよいよスーファミのバーチャルコンソール来たー!
New 3DSのボタンがスーファミ配色なのはVC出すフラグだろと思ってから約1年半……長かったな。
ニンテンドーアカウントで割引が適用されたから、さっそく『MOTHER2 ギーグの逆襲』買っちゃった。
(それで今日気付いたんだけど、3DSファミコン版のマザー無印はまだ配信されてないのね)
他にも色々と割引が適用されるから、今の内に色々買っておこうかな。
何だか最近3DSのVCが全然元気なかったから、スーファミに限らずこれからドンドン充実させてほしいな。
とりあえず、今回発表されたラインナップの中には入ってなかったけど、パネポンを!パネポンを!!パネポンを!!!
大事な事なので何度でも言う!!!!パネポンを!!!!!

あと、スーファミデザインのNew 3DS LLカワイ過ぎるだろ!

FE ifはあんまり遊べてないけど、ドンドン追加コンテンツが配信されてしまうなあ……

ショベルナイトは思いっきりレトロゲームっぽさ全開で何だか気になる……
アミーボまで製作してやたら気合入ってるし……

カルドセプトとカービィは余裕があったら手に取ってみたい。

2016年3月 2日 (水)

UNLOCKとかポケモン緑とか

KAT-TUN 26枚目のシングル『UNLOCK』オリコンデイリー1位おめでとうございます!

何だか今回、いつも通りの一般発売3種に加えて、
日テレ通販限定でドラマのグッズが付いた怪盗山猫盤も出してきたり、
それに一般発売3種には全15種類の中からランダムで1枚フォト・ネームカードというものを入れてきたり、
さらには事前告知無く、通常盤にスペシャルムービーを見る事が出来るユーザーコードが付いてきたり、
田口最後のシングルだからか、ラブライブのミューズファイナルシングルを警戒したのか、メチャクチャ気合入ってんな。

ちなみに初回1・2・通常盤の3種を買ったんだけど、フォト・ネームカードが3枚中2枚同じ写真だった……

ダブったのはちょっとザンネンだけど、2種3枚とも4人全員で映ってるカードだったのは嬉しい。
あと、スペシャルムービーは携帯電話・スマートフォン限定でパソコンからは見られない上に、
ユーザーコード1つにつき1回のみしか試聴できないってのがちょっとケチくさいなって思った。

そういえば今週のCDTVのゲストでKAT-TUN出るけど、『UNLOCK』だけじゃなく『GREATEST JOURNEY』も披露するみたいですね。楽しみだなあ。

とりあえず『UNLOCK』の感想はしっかり聞き込んでから書くとして、今日はCDと一緒に買ってきたものを紹介します。

Vcpg01
ニンテンドー3DSバーチャルコンソール『ポケットモンスター緑』専用ダウンロードカード特別版です。
赤・緑・青・ピカチュウの中でどれを選ぶか悩んだけど、リメイク版でリーフグリーンを選んでたので緑をチョイス。

Vcpg02
表だけじゃなく裏も当時のパッケージを再現してあるんだけど、
バーコード部分にモンスターボールとフシギダネが隠れてるのが何だかオシャレ。

Vcpg03
箱の中には色々な特典が封入されています。

Vcpg04
まずは肝心のダウンロードカード。
ダウンロードに必要な容量が最大11MB(90ブロック)と、コレに限らずVCソフト買う時はいつも容量の小ささに驚く。
3DSソフトだと、更新プログラムだけでも90ブロックどころじゃないからなあ。

Vcpg05
他の3DSソフトだと、ダウンロードカードを挟んでる紙は縦開きになってる事が殆どなんだけど、コレは横開きになってるのがちょっと新鮮。

Vcpg06
カートリッジ型マグネット。
ゲームボーイの時のカセットを模したものですね。

Vcpg08
箱は無かったけど、カセットは押入れから発掘出来たので比べてみた。
こうして見ると、大きさやデザインを忠実に再現してあるんだなあ……

Vcpg09
ただ厚さだけは全然違うけど……
薄い分磁力はあまり強くないけど、そこは接地面積である程度カバー出来そう。

Vcpg10
取扱説明書風シール。
ゲーム内に電子説明書が内蔵されるようになって以来、紙の説明書が付いてこない・付いてきても非常に簡素な状態になってしまって少しサミシイんだよな……
勝手な話だけど、パッケージだけじゃなく説明書も当時のものを再現して欲しかった……

Vcpg11
ただシール自体はカワイくて満足。

Vcpg12
最後にカントー地方のタウンマップ。
やっぱりこういうの見るとワクワクするよね。

Vcpg13
ずっと前から思ってたけどさ、クチバシティに船が往来する時、サイクリングロードの橋が邪魔じゃない?
ゲームやイラストでは描写されていないだけで、水面から橋まで船が通れる位の高さがあったり、跳ね上げ式になってたりするのかな?

まあそんなこんなで、VCポケモン緑 特別版の紹介でした。
これから存分に遊んでいきたいと思います。
バグも結構再現(放置?)されてるみたいなんで、色々と楽しみ。

あと、先週ポケモンダイレクトやったばかりだけど、
今週金曜日にニンテンドーダイレクトがあるみたいですね。
コレも楽しみですわ。

2016年3月 1日 (火)

ブタメン 明太マヨ味

Butamen1_2
マンガ『だがしかし』とコラボした、ブタメンの明太マヨ味が売ってたから買ってきたよー!
フタに思いっきりほたるさんが描かれていたから、売り場ですぐに発見出来た。

Butamen2
フタだけじゃなくて容器も『だがしかし』仕様。
ほたるさんのコスプレ(?)をしているブタメンくんがカワイ……イ……?

Butamen3
実際にお湯を入れて作ってみた。
食べてみると確かに明太子の味がするんだけど、マヨも入ってるから辛さがマイルドになってて食べやすい。
でも食べ進めていくとジワジワ辛さが効いてきて、食べ終わる頃には身体がポカポカしてきたので、この寒い時期には丁度いいなって思った。

だけどマンガでほたるさんがやってたように、真夏の暑っつい中で食べてみたいなあ。
明太の辛味で暑さもさらに増すだろうし。
こういうコラボものってあまり長く販売しないだろうし、今の内に買ってストックしておこうかなあ。

今後も『だがしかし』とおやつカンパニーのコラボで、ベビースターラーメンのココナツカレー味が販売される予定なので、それも楽しみ。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ツイッター

無料ブログはココログ