« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の5件の記事

2017年4月28日 (金)

亀と山P CD詳細とか亀梨ソロツアーとか

少し前の話になるけど、亀と山P『背中越しのチャンス』のCD詳細が発表されてたー!

http://www.johnnys-net.jp/page?id=discoDetail&dataId=2792

まず、表題曲の『背中越しのチャンス』についてだけど、作詞・作曲がイワツボコーダイさんだったのがビックリ!
いやほら、イワツボさんの曲って『in the Dark』『Birds』『雨に咲く哀、夜に泣く藍』辺りのシリアスなイメージが強いからさ。
ドラマのエンディングで聞いた時は「明るくて楽しげな曲だなー」位に思ってたけど、CDで聞いたら印象変わるかも。

そして初回限定盤1には『背中越しのチャンス』のビデオ・クリップとメイキングを収録したDVDが付属。
せっかくのコラボだし、たっぷりとメイキング映像収録されてるといいなあ。

初回限定盤2には亀梨くんと山Pのソロ曲を含めてカップリング曲を3曲収録。
亀梨くんのソロは今年度の野球中継&ゴーイングのテーマソング『Wonderful World』じゃなかったかー。でもこの曲を収録するタイミングはここじゃないってのは、何となく分かる。

通常盤にはカップリング曲2曲収録。
『Forever Summer』は、なんと山Pと亀梨くんの共作!いやあ、まさかコラボと言えど ここまでガッツリやるとはちょっと予想外だった。ていうか亀梨くんがLyricsだけじゃなくMusicの欄にもクレジットされるのって何気に初めてじゃね?

『逆転レボルシオン』は…「作詞:zopp」来たあああああ!!!!!
※元々zoppさんが作詞を手がけた、修二と彰『青春アミーゴ』・山Pソロ『抱いてセニョリータ』『口づけでアディオス』の3曲は世界観が繋がっていて、ご本人が「スペイン歌謡曲三部作」と呼んでいる。
タイトルにスペイン語(レボルシオン:革命)入ってるし、zoppさんツイッターでこう言ってるし、続編と考えていいんですよね!?
どんな詞になってるかすんごい楽しみだなあ!

さらに、亀梨君のソロツアーも発表されましたね。

亀梨和也がソロツアー開催、千秋楽で地元・江戸川区に凱旋 - 音楽ナタリー

ツアータイトルが「KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR 2017 The一 ~Follow me~」ってわざわざグループ名が含まれていて、あくまでも「KAT-TUNの亀梨和也」というのを示しているのが、なんというか亀梨くんらしいなって。
どんなライブになるのかな?『背中越しのチャンス』に収録されてる『~Follow me~』がそのままツアータイトルにもなってるから、この曲が鍵になってるんだと思うけど…とりあえずCD早く聞きたいな。

あと、なんとなく『Wonderful World』はこのライブが映像化された時に特典CDとして付いてきそうな気がする。

2017年4月26日 (水)

オリピ04 / 茜カレー

170425_222208わーい!オリピ04買ってきたよー!ブロマイドは咲ちゃんだったぜ!

『THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 04』

01. ROMANTIC SHAKER
歌:伊集院北斗(神原大地)
02. Because
歌:桜庭薫(内田雄馬)
03. 流るゝ風の如く ~和敬清寂~
歌:清澄九郎(中田祐矢)
04. フェイバリットに踊らせて
歌:水嶋咲(小林大紀)
05. Sanctuary World
歌:都築圭(土岐隼一)

桜庭先生・くろーくん・咲ちゃんのソロ曲は先にライブで披露されてたし、チャオ☆・都築さんの曲も含めて2月半ばには全曲試聴開始してたから、待ち遠しくて期待が膨らんでいたっていう面もあるんだろうけど、これまでよりも1曲ごとの破壊力が上がっている気がする!

いきなり1曲目の『ROMANTIC SHAKER』で北斗に抱かれて、『Because』で蒼に染まり、『流るゝ風の如く ~和敬清寂~』で癒され、『フェイバリットに踊らせて』で咲ちゃんにフラれ、最後には『Sanctuary World』で浄化されるって流れもめっちゃイイ!

そんで特に『ROMANTIC SHAKER』が好き過ぎる!KAT-TUNの『HEARTBREAK CLUB』に通ずるジャジーなサウンドとアダルティーな魅力に酔いしれる的な歌詞の掛け合わせがサイコー!
あと、ライブの時は演出が衝撃的でそこばかりに気を取られてたけど、『フェイバリットに踊らせて』は歌詞が凄くイイんだよね。特に「嘘つかずに背伸びができる場所 やっと見つけられたよね」って所!作詞の真崎エリカ先生ありがとうございます!

次の『05』は6月末発売との事で、また2ヶ月以上開くのかって思ってたけど、『04』がこれだけのモノになったなら、時間かけてまた凄いものを作ってくれるんじゃないかと期待。
特に次は私の担当である玄武くんとあめぴこさんが来るからな…

170425_222434 それと、『01』から『03』にかけて水色の背景がジワジワと緑がかっていったけど、今回一気に黄ばんだもとい黄色になったな。次はオレンジにでもなるのかな?

170425_065225 あと、『茜印の熱血お祭りカレー』を1つだけ発見したので買ってみました。

パッケージは「[暴走☆花嫁] 日野茜」のカードイラストを上手い事それっぽく見せてるけど、よく見ると茜が持ってるのは茶碗と箸なんだよね。
そもそも書き下ろしでもないのにカレー関係のイラストが3ユニット9人分もあるSideMは何なんだ…

170425_065343 箱の中にはカレーのパウチが2袋とおまけのシールが1枚。

170425_070202 早速食べてみました。
名前に「熱血」なんて入ってるけど中身は中辛のビーフカレーで、辛いのが苦手な人でも食べやすいよ。
具は牛肉・にんじん・じゃがいも辺りがちゃんと食感を感じられる程度に入ってた。おいしかった。

2017年4月10日 (月)

ドリフェス ニナチャーン メモ

「ドリームLIVEフェスティバル スプリングSP」お疲れ様でした。そして…

NinaNina2_2 「[はるかぜぶんぶん] 市原仁奈」をゲットできたでごぜーますよ!
いやあ、ドリフェス走るの初めて…というかアイプロ以外走った事なかったからどうなるかと思ったけど、無事に1枚取り出来てよかった。
まあ1枚取りにしては かなり走り過ぎた感はあるけど、初めてだからボーダーどこまで伸びるか分からなかったし、爆死するよりはオーバーランする方が良いよね。

というワケで、ざっくりと個人的なドリフェスの走り方メモ。


・イベント開始時点で「APドリンク1/6」を正確には覚えてないけど2,400個くらい所持していたと思う。「APドリンク」はなし。
それが今確認したら「APドリンク1/6」が49個、「APドリンク」は0個だった。
もちろん報酬で手に入れた分もあるから、少なくとも3,000個以上は使ってるはず。

・パワー持ちアイドルは1つ前のイベントで手に入れた「[ベニトアイトロンギング・S] 木村夏樹」を、フリトレでもう1枚手に入れて特訓、
メダルチャンスで「[花畑マキアージュ] 井村雪菜」と「[ピックアップフォーチュン] 藤居朋」を手に入れて、最終的に両方とも特訓、
あと、もちろんPなのでニナチャーンのカード色々所持。

・基本的に、FEVERタイムにライブ叩きまくって、他の時間は自然回復分の消費のみ。

・ライバルユニットの気力をどれだけ減らしたか(の割合)によって貰えるポイントやメダルが決まるから、
残りの気力があと僅かのライブや、やたらめったら気力の減少が速いライブに無理に参加しても効率が悪い。
なるべく1つのライブを何回も叩いて大量の気力を減らす。

・攻コスト100使ってプロダクションメンバーの応援を呼ぶのは…このイベントだとあんまり効果が強くない気がする。
エナドリで回復してる間に、どんどんライバルユニットの気力が減ってっちゃう事も多いし。
精々、自然回復分を消費する位で充分だと思う。

まあこんな感じかな。
もちろんこういうイベントって自分で走ってみないとコツを掴めない部分もあると思うし、
何度も言うけどドリフェス走ったのは初めてだから、もっと改善・効率化出来る事や、記憶違いで間違ってる事もあるだろうけど、
とりあえず私はこう走ったって事で少しでも参考になれば良いなと。


なんかシンデレラに限らず最近ソシャゲ走る事が多くてちょっと疲れた。
大分アイテム消費しちゃったし、しばらくは徒歩で節制に努めたいなあ。
…そんな事思ってる時に限って担当アイドル来そうで怖いけど。

2017年4月 5日 (水)

MiracleResistaceアマテラス / LTSC 04 Sunshine/BlueMoon/Starlight

170405_212842 わーい!765のプロデューサーミーティングとミリオン4thライブの限定CDが届いたよー!
前に届いてたSideM 2ndライブのCDと合わせて記念撮影してみた。

それにしても2017年が始まってまだ3ヶ月なのに、もう大型イベント3回(計7公演)、限定CDを5枚も出してるのか…
さらには先週末からSideMのグリーティングツアーが始まり、再来週には765ミリオンin台湾、来月からはシンデレラ5thライブツアーと、イベントがどんどん続いていくんだよなあ…
すげーなアイマス。

というワケで、『MiracleResistaceアマテラス』と『LTSC 04 Sunshine/BlueMoon/Starlight Theater』の感想。


『THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!- MiracleResistanceアマテラス』

01. Miracle Night (M@STER VERSION) 春香ソロ・リミックス
歌:天海春香(中村繪里子)
02. Miracle Night (M@STER VERSION) 真ソロ・リミックス
歌:菊地真(平田宏美)
03. Miracle Night (M@STER VERSION) 亜美/真美ソロ・リミックス
歌:双海亜美/真美(下田麻美)
04. Miracle Night (M@STER VERSION) 伊織ソロ・リミックス
歌:水瀬伊織(釘宮理恵)
05. 僕たちのResistance (M@STER VERSION) 美希ソロ・リミックス
歌:星井美希(長谷川明子)
06. 僕たちのResistance (M@STER VERSION) 千早ソロ・リミックス
歌:如月千早(今井麻美)
07. 僕たちのResistance (M@STER VERSION) やよいソロ・リミックス
歌:高槻やよい(仁後真耶子)
08. 僕たちのResistance (M@STER VERSION) 響ソロ・リミックス
歌:我那覇響(沼倉愛美)
09. アマテラス (M@STER VERSION) 雪歩ソロ・リミックス
歌:萩原雪歩(浅倉杏美)
10. アマテラス (M@STER VERSION) あずさソロ・リミックス
歌:三浦あずさ(たかはし智秋)
11. アマテラス (M@STER VERSION) 貴音ソロ・リミックス
歌:四条貴音(原由実)
12. アマテラス (M@STER VERSION) 律子ソロ・リミックス
歌:秋月律子(若林直美)

タイトル通り、『Miracle Night』『僕たちのResistance』『アマテラス』のソロ・リミックスを収録したCD。
『Miracle Night』は4人(5人)バージョンでもそれぞれのソロでも、やっぱイノタクEDM良いなあって感じ。
ていうか、初めて聞いた時「作詞:BNSI (MC TC) 作曲・編曲:BNSI (Taku Inoue)」のクレジットが即思い浮かんだ位に、イノタクさんらしい(あえて悪く言えばクセが強い)曲なのに、
誰のボーカルが乗っかっても全然違和感なく1曲として成立してるって結構凄い事なんじゃね?と今更ながら気付いた。
『僕たちのResistance』はそもそも美希・千早・響はともかく、このカッコイイ曲にやよいが入ってた時点で驚きだったんだけど、
やよいソロ・リミックスでも幼さを残しつつも予想以上にサマになっていて、さらにビックリ。
『アマテラス』はお祭り感のある4人バージョンも良かったんだけど、ソロになると「大好きだよ」の破壊力が段違いに上がる!
りっちゃんPとしては ぐへへへへって感じ。大好きー!(それ違う曲や)


『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER SOLO COLLECTION 04 Sunshine Theater』

01. Growing Storm!
歌:伊吹翼(Machico)
02. Eternal Harmony
歌:エミリー スチュアート(郁原ゆう)
03. HOME, SWEET FRIENDSHIP
歌:福田のり子(浜崎奈々)
04. STANDING ALIVE
歌:ロコ(中村温姫)
05. HELLO, YOUR ANGEL♪
歌:中谷育(原嶋あかり)
06. "Your" HOME TOWN
歌:木下ひなた(田村奈央)
07. たしかな足跡
歌:百瀬莉緒(山口立花子)
08. DIAMOND DAYS
歌:矢吹可奈(木戸衣吹)
09. ランニング・ハイッ
歌:横山奈緒(渡部優衣)
10. ゲキテキ! ムテキ! 恋したい!
歌:島原エレナ(角元明日香)
11. Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!
歌:佐竹美奈子(大関英里)
12. NO CURRY NO LIFE
歌:望月杏奈(夏川椎菜)

ミリオンライブの全体曲・ユニット曲のソロバージョンを収録したCDの第4弾。
3種のうち、この『Sunshine Theater』にはミリオン4thライブ1日目出演のSunshine Rhythmメンバー12人のソロ曲を収録。
そもそも、このメンバーによる『LTF 01』自体が明るい曲・ノリの良い曲ばかり収録されていた事もあり、
このソロコレクションもテンションが上がるような曲が多めに収録されています。
そんな中、唯一のしっとりバラード『たしかな足跡』(莉緒)、
カーテンコールっぽい雰囲気の『STANDING ALIVE』(ロコ)・『DIAMOND DAYS』(可奈)、
ちっちゃい子による心温まるポップス『HELLO, YOUR ANGEL♪』(育)・『"Your" HOME TOWN』(ひなた)辺りの曲が良いアクセントになってます。中盤に固まってるけど。
まあ何はともあれ、『Sunshine』の名の通り「ミリオンライブの元気が出るCD!!」って感じです。


『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER SOLO COLLECTION 04 BlueMoon Theater』

01. Legend Girls!!
歌:天空橋朋花(小岩井ことり)
02. Sentimental Venus
歌:真壁瑞希(阿部里果)
03. カワラナイモノ
歌:篠宮可憐(近藤唯)
04. 星屑のシンフォニア
歌:二階堂千鶴(野村香菜子)
05. Beat the World!!!
歌:舞浜歩(戸田めぐみ)
06. Flooding
歌:最上静香(田所あずさ)
07. 創造は始まりの風を連れて
歌:七尾百合子(伊藤美来)
08. 俠気乱舞
歌:ジュリア(愛美)
09. 赤い世界が消える頃
歌:北上麗花(平山笑美)
10. Raise the FLAG
歌:所恵美(藤井ゆきよ)
11. プリムラ
歌:永吉昴(斉藤佑圭)
12. 待ちぼうけのLacrima
歌:高山紗代子(駒形友梨)

ミリオンライブの全体曲・ユニット曲のソロバージョンを収録したCDの第4弾。
3種のうち、この『BlueMoon Theater』にはミリオン4thライブ2日目出演のBlueMoon Harmonyメンバー12人のソロ曲を収録。
ユニット名に『Blue』が含まれているだけあって、カッコイイ曲やしっとりした曲が多め。
個人的には、収録されたのが意外だったゲッサンミリオン曲『Flooding』(静香)や、
『創造は始まりの風を連れて』(百合子)・『俠気乱舞』(ジュリア)・『赤い世界が消える頃』(麗花)の『TA』曲3連チャン、
『Sentimental Venus』(瑞希)・『Raise the FLAG』(恵美)等、人選や選曲がツボに入る曲が多くて、個人的に今回のソロコレ3種のなかでは『BlueMoon Theater』が一番お気に入り。


『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER SOLO COLLECTION 04 Starlight Theater』

01. 瞳の中のシリウス
歌:宮尾美也(桐谷蝶々)
02. U・N・M・E・I ライブ
歌:春日未来(山崎はるか)
03. ジレるハートに火をつけて
歌:田中琴葉(種田梨沙)
04. Cut. Cut. Cut.
歌:周防桃子(渡部恵子)
05. Smiling Crescent
歌:箱崎星梨花(麻倉もも)
06. Decided
歌:徳川まつり(諏訪彩花)
07. 夜に輝く星座のように
歌:松田亜利沙(村川梨衣)
08. 秘密のメモリーズ
歌:豊川風花(末柄里恵)
09. Understand? Understand!
歌:高坂海美(上田麗奈)
10. ジャングル☆パーティー
歌:大神環(稲川英里)
11. リフレインキス
歌:北沢志保(雨宮天)
12. Sweet Sweet Soul
歌:野々原茜(小笠原早紀)
13. 永遠の花
歌:馬場このみ(高橋未奈美)

ミリオンライブの全体曲・ユニット曲のソロバージョンを収録したCDの第4弾。
3種のうち、この『Starlight Theater』にはミリオン4thライブ3日目出演のStarlight Melodyメンバー13人のソロ曲を収録。
『瞳の中のシリウス』(美也)・『Smiling Crescent』(星梨花)・『夜に輝く星座のように』(亜利沙)みたいに『Starlight』の名に相応しい曲も入ってはいるけど、
明るい曲・しっとりした曲・カワイイ曲・カッコイイ曲等、割と全体的に曲調がバラバラで
今回のソロコレ3種の中では一番バラエティ豊かなラインナップ。

あと、『Sweet Sweet Soul』は間奏(歌詞中で[Free Style]になっている)部分で環・茜・星梨花がゆっる~いラップバトル(?)を繰り広げていたので、
茜ちゃんソロだと どれだけカオスなフリースタイルを繰り出すのか心配(期待)していたんだけど、
3人版と全く同じ(環と星梨花の声も入っている)でちょっと拍子抜け。
SideMでも『Fun! Fun! Festa!』のソロ版で同じ措置になっていたし、勝手に期待しすぎていた私が悪いんだけどさ、ここだけはちょっとザンネン。


そんなこんなで、『MiracleResistaceアマテラス』と『LTSC 04 Sunshine/BlueMoon/Starlight Theater』の感想でした。

とはいえ今後も大型イベントが続く以上、もちろん限定CDも出てくるだろうな。
今後も通販で確実に限定CD買えるようになっていますように。

2017年4月 1日 (土)

アイマス エイプリルフール色々2017

いやあ、今年もアイマスソシャゲ各種のエイプリルフールは、気合の入ったネタを出してきましたねえ。
ネタの質的にも量的にもいちいちツッコミを入れていたらキリがないので、ザックリとした感想を。

・シンデレラガールズ『生デレTV まるっと1日フェスティバル』

某24時間TV的な体裁を取って、細かいネタの乱れ撃ち!
「ヘレンのワールドワイドマラソン」なんて文字見るだけで面白すぎるでしょwwwww
他にも謎解きや合間のCMもいちいち芸が細かいしw
あと、昨日「シンデレラ劇場」のエンディング曲CDに『ぴにゃこら太絵かき歌』なるものが収録される事が発表されたと思ったら、
今日は「ぴにゃあつめ」だの「ぴにゃこら太生息域保護プロジェクト」だのが出てきて、
最近のぴにゃフィーバーは何なんだwwwww

・ミリオンライブ『れいかのとある一日
某マリオ的な横スクロールアクションゲーム。
そこそこ作りこまれたゲームと、ぷっぷかさんらしい ゆっる~い世界観とのギャップが凄いw
ていうか、去年の「茜ちゃんメーカー」もそうだったけど、こういうちょっとした空き時間に遊ぶのにピッタリで、かつ やりこみ要素もあるゲームが1日限定なのって、勿体ねーな!

・SideM『MISSION IS MUSCLE!
今年のアイマスエイプリルフールにおいて、最も頭おかしい枠!
なんだよ「腹筋!背筋!大腿四頭筋!理由あって、マッスル!」って!!!!!
果てにはトレーニングでバーベルや315プロのアイドル達どころか、地球や銀河まで持ち上げちゃうし!

Mii この画像がコラじゃないんだぞ!?
信玄P 兼 道流Pとしてもはや笑うしかないだろ!!!!!


…まあそんなこんなで色々言ってきましたけど、
正直 最近のアイマスで一番の衝撃は、ニナチャーン上位イベント来やがった事でごぜーますよ。

はしれ はしれ はしれ はしれ
いえーい

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

無料ブログはココログ