« 時が止まるほど愛してる | トップページ | DEAD OR LIE »

2017年5月21日 (日)

亀と山P『背中越しのチャンス』

遅くなっちゃったけど、一昨日のMステ見たよー!
歌う前に、『青春アミーゴ』で亀梨くんが歌詞間違えたシーンとか『抱いてセニョリータ』で山Pのステージに亀梨くんが乱入したシーンとか振り返ってたね。なつかしー!

この時に限らず、完全に歌詞飛んで黙っちゃったとかメロディー崩しちゃったとかじゃないなら そのまま知らん顔して歌い続けちゃえば良いのにとも思うんだけど、
「ヤバッ!」とか「間違えたぁ!」とか自分から言っちゃうのが亀梨くんらしいなって。

そんな訳で、『背中越しのチャンス』の感想。


初回限定盤1

[CD]
01. 背中越しのチャンス

[DVD]
01. 「背中越しのチャンス」(ビデオ・クリップ+メイキング)

初回限定盤2

01. 背中越しのチャンス
02. ~Follow me~ / 亀梨和也
03. BIRD / 山下智久
04. SUPER FUNKER!!

通常盤

01. 背中越しのチャンス
02. Forever Summer
03. 逆転レボルシオン


まず表題曲『背中越しのチャンス』は、日本テレビ系ドラマ『ボク、運命の人です。』主題歌。
最初にドラマのエンディングで聞いた時は、
「ドラマのエンディングで出演者が踊るってそんな珍しい事でもないけど、
今やったら絶対『恋ダンス』の二匹目のドジョウ狙いに行ったって思われるのに、それも前クールの三代目から2連続で踊るって土曜ドラマすげーな」
って印象だったんだけど(曲じゃなく日テレに対してじゃねーか)、
毎週聞いているうちにジワジワ沁みてきて、気がついたらCDの発売が待ちきれないくらいワクワクしてた。
実際ちゃんと聞いてみると、少し懐かしい曲調やマネしやすい振り付け的に『恋』というより『恋するフォーチュンクッキー』の親しみやすさを狙っていったのかなって思うんだけど、
その狙い通りこのワクワク感がたまらない。

初回限定盤1収録『背中越しのチャンス』のビデオ・クリップは亀と山Pがカラオケボックスで歌い踊ったり、腕相撲やら棒倒しやらユルーイ対決を繰り広げるというこれまた親しみやすい内容。
そしてラストサビでは『青春アミーゴ』の映像をバックに、それと同じブレザー姿で歌い踊る亀と山Pという最っ高のファンサービスが!
あああああ!!!!!『青春アミーゴ』のMV商品化してえええええ!!!!!
続いてメイキング映像。亀と山Pがひたすらわちゃわちゃしててカワイイ。特に2人が対決するシーンなんて全然撮影中って感じしないもん。
なんかKAT-TUNのメイキングは休み時間にクラスメイトとだべってるって感じだけど、亀と山Pは久しぶりに他校の友達と会ってはしゃいでるって感じ。
あと、『青春アミーゴ』オマージュのシーンだけは全くメイキング映像入ってなかったけど…これはあえてなんだろうな。

そしてソロ曲も含めて5曲あるカップリング曲ですが、なんと『逆転レボルシオン』以外はクラブ意識のダンスナンバー!
その中でも特に亀梨くんソロの『~Follow me~』には驚かされたなあ。
KAT-TUNの中での亀梨くんのソロ曲ってダンスナンバーより歌モノ、特に本人作詞だとラブソングのイメージが強いし、ライブのタイトルにもなってるし、
ソロツアーへの決意とファンへの感謝を歌うんじゃないかって勝手に予想してたんだけど、
こんなドッシリとしたビートが効いたサウンドに、ジャニーズのセックスシンボルたるエロティックさと遊び心を兼ね備えた歌詞を載せてくるとは全くの予想外だった。
最初 歌詞見た時、「ノRiノRi On Que ri Que rico」って何事かと思ったよ。

山Pのソロ曲『BIRD』はイマドキのスタイリッシュなダンスナンバーって感じ。
そういえば最近、山Pの音楽活動が滞ってるけど、また『SUPERBAD』や『遊』みたいなダンスナンバー主体のイカしたアルバム出してくれないかなあ。
ていうか、去年よく分からないタイミングで ワーナーに移籍してからの総決算的なベストアルバム出した事だし、またレコード会社移籍するんじゃね?というテキトーな事を言ってみる。

『SUPER FUNKER!!』はタイトル通りファンキーな曲。
「I'm a SU-PER FUNKER」と名乗るだけあって、このサウンドを乗りこなした2人の掛け合いがメチャクチャカッコイイ!
曲だけ聞いててもアガるんだけど、これは是非ライブでのパフォーマンスを見てみたいなあ。

『Forever Summer』は亀梨くんと山Pの共作。
タイトル的には勝手に『ありがとう』(亀梨くんと上田くんのデュエット曲)のような、ポップでキラキラして でも切ない、みたいな曲を予想してたんだけど、これもダンスナンバーだった(さっきから予想外してばっかりだな)
でも、歌いだしからずっと山P一人で、サビに入ってようやく亀梨くんも歌うという構成には驚いた(2番では逆に亀梨くんがメイン)
割と淡々としながらもグルーブ感のあるサウンドも相まって、これは逆にライブで歌ったとしたらどんなパフォーマンスになるのか全然思い浮かばない。

最後に、今回のハイライトと言っても過言ではない『逆転レボルシオン』
『青春アミーゴ』のアンサーソングだと明言されているだけあって、かなり『青春アミーゴ』を意識した歌謡テイストの楽曲。
前奏で『青春アミーゴ』のイントロと同じフレーズが出てきて、そのまま「鳴り響いた携帯」という歌いだしに繋がるって構成は最初に聞いた時 鳥肌が立った。
それ以外にも『青春アミーゴ』に出てきたフレーズがいくつも使われているけど、単なるファンサービスではなく、
『修二と彰』以来約12年ぶりにユニットを組んだ『亀と山P』と、『青春アミーゴ』で一緒だった2人が『逆転レボルシオン』で久々に再会するという内容をリンクさせた歌詞になっているのは、流石zopp氏って感じ。
「無敵が蘇る」ってのもあながち間違いではないな。


という訳で『背中越しのチャンス』の感想でした。
来週もMステに出て、しかも『背中越しのチャンス』だけじゃなく『逆転レボルシオン』も披露するとの事でメチャクチャ楽しみです。

« 時が止まるほど愛してる | トップページ | DEAD OR LIE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1490664/70632932

この記事へのトラックバック一覧です: 亀と山P『背中越しのチャンス』:

« 時が止まるほど愛してる | トップページ | DEAD OR LIE »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ツイッター

無料ブログはココログ