« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の3件の記事

2018年2月20日 (火)

上田麗奈『RefRain』

最近買ったCDの紹介。

582a065cce23448a994b6d4e4963de992016年12月発売、上田麗奈デビューミニアルバム『RefRain』、

5517c6a592e8499aa3515b6afb7b5ba3 そして先々週発売、上田麗奈1stシングル『sleepland』です。


最近ね、私の中でうえしゃまが熱いんですよ!

元々は、昨年ツタヤでレンタルコーナー漁ってたら『RefRain』のCDを見つけて、
「上田麗奈って…うみみ役の人だよね?本人名義でデビューしてたんだ知らなかったなー。どんな曲歌ってるんだろ?」
って軽い気持ちで借りたのがキッカケだったんですけど、これが凄く良かった!

まず最初に感じたのが、歌が上手い!ってこれだとなんか陳腐な言い方に思えちゃうけど、
うえしゃまの歌声って、ミリオンライブの元気いっぱいキャラ高坂海美しか知らなかったから、
こんなに柔らかく包み込むようなウィスパーボイスも出せるんだって驚いたよ!

このうえしゃまの歌声と、落ち着いたサウンドが相まってBGMとして流し聞きするのに心地良い音楽だなと思ったんだけど、
何度も繰り返し聞いている内に、今度はジワジワと歌詞が沁みてきた。

1曲目の『マニエールに夢を』の歌いだしから「晴れた空なんて、久しぶりに見た」だし、
2曲目の『ワタシ*ドリ』では、明るい声で「あなたに喜んでほしい」と歌ったかと思えば、直後に何の感情もないような冷たい声で「おもう様にできてるかな?」だし、
4曲目の『毒の手』なんてタイトルからして怖いけど、「零れおちる涙を掬っては 冷たくなるあなたの手を 見つめ」って背中がゾクッとするような内容だし、
全曲作詞に関わっているんだけあって、うえしゃまのパーソナルな面が映し出された濃いものになってます。

個人的に、BGMとしても心地よく聞けるし歌詞に耳を傾けるとスッと入ってくるってバランスの音楽がそもそも好きで、
でもそれだけじゃなく、『RefRain』(繰り返し)のタイトル通り、全体的に日々の停滞や変わりたいけど変われないという思いを歌っているんだけど、
一番最後の『あなたの好きなメロディ』で「繰り返しの日々もかたちを変えていく」「ぜんぶ抱きしめて 側にいる」と、やんわり前を向くという構成が今の自分の琴線に触れた。

こんな良いアルバムが出てるのに、発売からしばらく知らなかったなんて勿体無かったなーと思うんだけど、
発売間際だったり あるいはもっと後だったり 違うタイミングで聞いてたら、ここまでハマってなかったかもなーとも思うんだよね。

まあそんなこんなで長くなっちゃったけど、結論としては上田麗奈さんの音楽が凄く良いという身も蓋もない話です。

もっと うえしゃまの音楽を聞く人が増えるといいなあ。
私みたいにそもそもソロデビューしてた事を知らなかったって人も多いと思うけど、そういう人ほど驚きが大きいと思うので是非どうぞ!

2018年2月15日 (木)

3rdアニバディスク02

9a62f5e179c44abf838b8e84f04375c8 今週発売『THE IDOLM@STER SideM 3rd ANNIVERSARY DISC 02 FRAME & もふもふえん & F-LAGS』です。
タイトル通り、FRAME・もふもふえん・F-LAGSそれぞれの新たなユニット曲、そしてこの3組が合同で歌った曲が収録されています。

担当Pだからってのもあるけど、やっぱFRAMEの『Swing Your Leaves』がヤバイっすね!
大切なヒトやモノを守りたいというのは共通しているけど、戦隊モノのテーマソング的な『勇敢なるキミへ』や『MISSION is ピースフル!』とは打って変わって、
不器用ながらも「当たり前に 君の世界の一部になりたいんだ」と歌う淡く甘いラブソング。

SideMってストレートなラブソングが少ない代わりに、いちいち破壊力が抜群だよね…

幼いながらもまっすぐに好意を伝えてくるような もふもふえん『伝えたいのはこんなきもち』と、タイトル通りキューピットとして恋している人たちの背中を押すような F-LAGS『♡Cupids!』は、それぞれ可愛らしいアイドルソング。
今回のユニット曲はそれぞれタイプは違うけど、2月14日バレンタインデー発売だけあって、「側に居たい」「想いを伝える」というテーマは共通してますね。

そして、3組合同の『Compass Gripper!!!』
合同曲は毎度の事ながら、今回は特にどういう曲になるのか想像出来なかったんだけど、
FRAMEの「ヒーロー・大切な物を守る」、もふもふえんの「これからの成長・可能性」、F-LAGSの「一歩踏み出す・希望」という要素が合わさった結果が、「未来を君と見たい」ってメチャクチャ熱くないですか!
前向きなエネルギーに満ち溢れた名曲ですよ!

というワケで3rdアニバディスク02の感想でした。
来月発売の『03』も楽しみだなー!

2018年2月 8日 (木)

SideM 3rdライブ幕張 感想

あああああ!!!!!
サドライ幕張お疲れ様あああああ!!!!!
アイマス新作だあああああ!!!!!
ニナチャーン誕生日おめでとおおおおお!!!!!
琴葉おかえりいいいいい!!!!!
(情緒不安定なクソオタク)

というワケで、少し遅くなりましたが、『THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR ~GLORIOUS ST@GE!~』幕張公演2日間お疲れ様でした。
私はライブビューイングでの参加でしたが、本当に楽しかったです!以下、ざっくりとした感想。

1日目。
・さすがに15ユニット46人がそろうと圧巻。
・予想通りアニメにメインで出た6ユニットの出番が多めで、他は各ユニットごとに1曲ずつだったのは少し寂しかったけど、何の予告も無く彩が新曲『桜彩』を歌いだしたのには驚いたし、2ndの時はトロッコだったFRAMEの『MISSION is ピースフル!』のダンスが見られたのは嬉しかった。まっさんカワイイ。
・アニメ組はアニメに出た新曲は全部歌ってくれたし、そんな中で松岡くんが言ってた6人(5人)での『カレイド TOURHYTHM』が実現したり、ただでさえ予想外だった『Alice or Guilty』歌ったと思ったらそのまま続けて『BRAND NEW FIELD』のイントロが流れ出して、演出も相まってJupiter無双だった。
・DRAMATIC STARS『ARRIVE TO STAR』の後に、今までのSideMの歩みを描いた映像が流れた時、「ナニコレ走馬灯!?ワタシ死ヌノ!?」って思った。
・普段ユニット毎に別々の衣装を着ているからこそ、『Reason!!』で全員エムステSSR衣装を身に纏った時の一体感。
・モバゲーの方もエムステの方も新たな展開があって嬉しい!特にエムステ!
・2ndで三瓶さんが言ってた「46人でライブがしたい」という願いはちゃんと叶ったし、時間がかかっても「46人でアニメに出る」のは叶うって信じてます!

2日目
・グリツアには参加してないから、じゅごんが居るのに他の人(今回は狩野)さんがMCをするのが新鮮だった。
・『サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday』(S.E.M)からの『MOON NIGHTのせいにして』(DRAMATIC STARS)はオーバーキル過ぎる。
・ソロ曲を歌った後そのままユニット曲に繋げるのは熱いよね。
・『From Teacher To Future!』でアニメのあの学ラン着てくれて嬉しかった。とくにえのきやは直前にソロ曲歌ってすぐ着てすぐ脱いでって大変だ。
・Cafe Parade・Altessimo,・Legenders勢ぞろいでの『Eternal Fantasia』はCDで聞く以上に迫力があって凄かった。
・アンコール後の告知映像は昨日と同じ…かと思いきや最後にグリツアの映像化が!
・1日目が全員揃うという最初からクライマックスみたいな展開だったからちょっと心配だったけど、2日目は各ユニット数曲ずつバランス良く披露してくれて満足できる内容だった。

そんな感じで幕張公演の感想でした。
他の公演も見たいけど、色々と厳しいかな~とりあえず無事にツアーが成功するように応援してます!
オーイエス!レッツパーリー!(グルングルン)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

無料ブログはココログ